さらば、うさぎ!

c0098547_19302143.jpg
うさぎはもう今日でバイバイだよ
と言い聞かせたら、意味が分かったのか分からないのか、不満げなグランデ君です。

土曜日に、うちのうさぎは、新しい飼い主さんの元へお引越ししました。
里親を捜そうと思ってから、10日ぐらいかな? こんなに早く、飼い主さんが見つかるとは思ってなかったです。
ほんと、世の中捨てたもんじゃない。

うさぎがいる限り、グランデ君の喘息は良くならない、と判断したときは、かなーり絶望的な気分になりましたが、さらに、保健所に持っていけ、みたいなことを親から言われたときも、憤慨しましたが。

5歳もの中年うさぎを、室内で飼ってくれて、夏はクーラーかけっぱなし、何より家族の一員としてかわいがってくれる人なんて、現われるのかな。
そう考えると、不安でしたが、あっさり理想的な里親さんが見つかりました。
うさぎは、あるご夫婦の元で、子供のようにかわいがってもらえそうです。

もともと、子供ができないのが辛くて、飼い始めたうさぎでした。
しかし、ラッキーにも結婚9年目にしてグランデ君が誕生し、私は子供とうさぎと両手に花じゃないけど、いやー、ママ(うさぎ)ママ(グランデ君)呼ばれて困っちゃうな。モテモテだなー、なんて、うれしい悲鳴を挙げていたのですが…

実際のところ、グランデ君にかかりきりで、うさぎの面倒を見る時間はグッと減っていたので、うさぎも一人っ子として可愛がってもらえるところに行ったほうが幸せかもしれません。

もちろん、飼っていたペットを手放すなんて、基本的に許されることではないし、もう私は二度と動物を飼ってはいけないと思いますが、今回は信頼できる新しい飼い主さんが見つかって、本当にラッキーでした。

一見絶望的な状況でも、諦めないで、条件も下げないで、解決策を探すというのは大事なことですね。
この年齢になって、今更ながら、思い知らされましたよ。

心臓移植のため募金を集めた、そうちゃんも、そのご両親もそうですね。
いや、うちのうさぎ問題と比較できるような問題ではないのですが。

海外で心臓移植のチャンスを待つしかない、それには1億6千万円かかる、と聞いたときは、ご両親も絶望的な気分になったことでしょう。
でも、本当に世の中捨てたもんじゃないです。
手術費用が集まって、先日、無事にアメリカに着いたそうです。よかったよかった。
さらに、チャンスに恵まれて、そうちゃんが元気で戻ってきてくれることを祈ります。
[PR]

# by keikoda2000 | 2008-12-06 19:28 | 1歳児との生活  

やっと退院&NHK杯行ってきました

c0098547_22335174.jpg

本日、月曜日やっとグランデ君が退院しました。
今回の入院は、なんと10日間。ずっと泣き喚いていた最初の入院に比べ、落ち着いてきて、私たち親がいなくても、ベッドの中で過ごせるようになりました。
なんかもう、僕はこの先、病院で暮らしていくしかないんだ、と覚悟したような顔です。
いやいや、そんなことはないんだけどね。

グランデ君は病院からの帰り道も、久々のシャバを見て、きょとんとした表情。
家に帰り着いて、しばらくしてから、ようやく笑顔になって
「あっふー。じゃっぷー」
と声を出しながら、イタズラを再開しました。
よかったよかった、家はしっちゃかめっちゃかになったけど、元通りになってくれて、うれしいよ。

喘息なので、本当は自宅を大掃除してから、迎えてあげなきゃいけなかったのですが、病院の付き添いでそれどころじゃなかったし、仕事も現在、年末進行の真っ最中。
毎日締め切りがあるよ~ちょっと大変だよ。

しかも、そんな中、日曜はNHK杯フィギュアスケート大会の男子フリーとエキスビションを見に行ってしまいました。
今シーズンは、フィギュアの感想書けてないのですが、グランプリシリーズも全部TVで見てはいるので、とっても面白かったです。
しかも、席が良かった! S席の一番前。
織田くんのスピンも、J・ウィアーのステップ始めのポーズも、手が届くような距離で見られました。
しかーし!NHK杯ということは、テレビの撮影が入っているわけですね。
後で放送チェックしたら、ばっちり写っちゃってたけど、まぁ、知人たちは気づくまい。

エキスビションで見た、真央ちゃんのタンゴが最高でした。
くしくも、今回2位だった大注目の鈴木明子も、タンゴ。
赤黒の衣装が2人そろって、なんだか不思議。

今季は、なんか日本選手の“カブリ”が多いですよね。
真央と鈴木明子のタンゴは、まぁ、競技じゃないからいいとして…。
中野友加里と安藤美姫のFSの曲が、同じ「ジゼル」なのはいかがなものかと思いました。
衣装もばっちりかぶっちゃってるし。
織田くんのSPと真央のFSの曲が、ハチャトリアンの「仮面舞踏会」なのも、おいおい、という感じ。
しかし、よく考えてみると、真央のコーチはロシア人のタチアナ。織田くんのコーチも、タチアナの下にいたニコライ・モロゾフ。
ハチャトリアンはロシアの作曲家ですからね、そういうことですね。
タチアナもニコライも、NHK杯でかぶっていることに気づいて、あちゃーと苦々しく思ったかもしれない。
ロシア系コーチに囲まれた日本選手たち。いっそ、織田くんはコサックダンスでもやるがいいさ!似合いそうさ!

ちなみに、私はタチアナを、ロシアの月影先生と呼ぶことに決めました。
真央(マヤ)、あなたの周りに、まだ舞踏会が見えてこないわ!
なーんて、言ってそうです。

ふざけてごめんなさい。タチアナさん、真央ちゃんをよろしくお願いします。
なんとか次のシーズンまで、メンタルを鍛えて、金メダルを取らせてやってくれい!
[PR]

# by keikoda2000 | 2008-12-01 22:33 | 1歳児との生活  

小児科はツライ 入院再び

グランデ君、なんとまた入院しております。
前回の退院から、わずか2週間後。喘息が落ち着きかけたところで、保育園に行かせたのがよくなかったんでしょうか。

流行の風邪ウィルス(RS)をもらってきてしまい、そこから喘息症状が出て、また入院です。

うーん、1ヶ月に2回入院とは、恐るべし冬の始まり。

うさぎのことものんびり考えているわけにはいかなくなりました。有難いことに、現在手を挙げてくださっている方がいますが、引き続き里親募集中です。

しかし、小児科は相変わらずツライ。
今日は、隣のベッドに10ヶ月の女の子を抱えて入ってきたお母さんが、真っ白な顔で話しかけてきました。
「この子、心臓に穴が空いているって言われたんです。今、詳しい検査結果待ちで…」

もちろん一面識もない方ですが、動揺のあまり、誰かに話さずにはいられないという感じでした。
「私がこの子にちゃんと気持ちを向けてなかったから、心臓が欠けてしまったのかしら」
そのうち、ブツブツと暗い独り言を言い出したお母さん。
いやいや、そんなことないよ。
きっと大丈夫。生まれたとき、心臓に穴があったけど、いつのまにか自然にふさがっていた、という体験談をどこかで読んだことがあるし、担当の医者も切迫している様子がないし。
第一、10ヶ月でそんだけ大きい(8キロ)んだから、生命力があるってことですよ!

と励ましてみたけど、お母さんの顔は蒼白のままでした。
もちろん、私も他人事だから、そんなふうに言えるわけで、もし自分の子供がそう診断されたら、ショックで口もきけないかもしれない。

今日は、そんなことがあってから、夜、病院から自宅に戻り、偶然こんな募金サイトを見つけました。
「そうちゃんを救う会」
心臓病で移植が必要な、1歳3ヶ月の子の手術費用を集めている会のサイトです。
1億6000万円必要で、現在1億1千万円ぐらい集まっているようです。
あと5千万円……1万人が5000円ずつ出したら達成だな、と思って、私も5000円寄付しました。

宣告された余命は年内ということで、そうちゃんのお母さんの気持ちを考えると、もうなんとも言えない。
昨日のお母さんのブログに「そうたろうはわが家の太陽です」と書いてありましたが、その気持ちは、本当によく分かる。

病気で、入院していて、ベッドの中に閉じ込められていて…でも、そんな状態の子供が笑ってくれると、病気ではない親のほうが、気持ちを明るくしてもらえます。

そうちゃんが宣告された余命なんか軽くパスして、移植を受けて、元気になってくれることを祈ります。
http://sou-chan.net/index.html
[PR]

# by keikoda2000 | 2008-11-27 00:27 | 1歳児との生活  

入院&退院&自宅静養

ごぶさたしてすみません。
この間どうしていたかと言いますと、なんと! グランデ君入院しておりました。

病名は喘息性気管支炎。
11月3日の夜、咳が止まらなくなり、救急病院に駆け込むと、入院の必要ありとのこと。
そのまま救急室(ERだ!)で一緒にお泊りし、その後、小児科で1週間入院。
始めは2、3日の入院だろうとタカをくくっていたので、私は3日ほど付き添いベッドで寝ていましたが、いかんせん体力が限界に。
4日目からは、寝かしつけてから帰るようにして、グランデ君はきっと夜中目を覚ましてギャンギャンに泣いていたと思いますが、頑張ってもらいました。

しかし、0~1歳児だから、付き添いでお泊りしたほうがいいかというと、そうでもない、と今回思い知りましたよ。
やっぱりプロの看護士さんに任せたほうがいいのかも。

というのも、そそっかしい私は、付き添いのお母さんがやるであろう失敗を全制覇した感が…。

・オムツ替えに失敗し、ベッドに大便がベタっと着き、シーツ取替え。
・オムツ替えに失敗し、ベッドに小便がもれてしまい、シーツ取替え(2回)。
・うっかり3時間寝てしまい、点滴で水分多く摂っていたグランデ君は、オムツから小便がもれてパジャマびしょ濡れ(かえって風邪をひいたのでは)、マットレスから総取替え。
・暴れるグランデ君を取り押さえるのに失敗し、点滴が外れた! 飛び散る血! 大消毒作業開始、シーツ取替え。
・哺乳瓶をうっかり落とし、床にガラス散乱。夜中に大掃除

いやー、自分で書いていてもスゴイものがある。
3日目から、うちだけ、シーツが全面防水仕様になりましたもんね。こいつはダメだと思われたんでしょうね。

まぁ、でも言い訳させてもらうと、それぐらい泊まりこみの付き添いはハードだってことですよ。
3日目ぐらいまでは、点滴も呼吸の監視装置もついていて、1時間ごとに鼻水の吸引をしていたので、グランデ君は涙の乾くヒマがない状態。
精神的なケアとして、付き添っていて良かったのかなと思いますが、次回は初めから泊り込みしないだろーな。
いや、次があっては困るんですけどね。

ちなみに咳と鼻水がひどかっただけで、熱はまったくなく、ずっと食欲もありました。
3日前に退院した現在は、入院中のハートブレイクな日々をすっかり忘れ、元気に10歩ぐらい歩き始めたりしています。

だから、グランデ君の病気はそんなにシリアスなもんでもなかったんですが、小児科入院棟という環境はつらかったなぁ。
子供は老いも若きも…って変か、生まれたてから6歳ぐらいまで、入院するとみーんな泣くわけですよ。
あれはつらい。「ママどこにいるのぉーどこにいっちゃったの」「しゅじゅつ、いやいや」「おうちにかえりたいー」なんて泣き声の合奏を、夜中ずっと聞いているのは、精神的に良くない気がしました。
あとやっぱり小児科は人員不足ですね、夜中に子供が泣いていても、基本ほったらかしです。泣きすぎて酸素濃度が低くなると、アラームが鳴り、ようやく看護士さんが駆けつけるという感じ。アラーム鳴っていても、しばらく来れない場合も多い。

うーん、とにかく入院は最初で最後にしたいものです。
[PR]

# by keikoda2000 | 2008-11-12 04:16 | 1歳児との生活  

マカオ&香港!

c0098547_01448.jpg
マカオ&香港に行って参りました~。
と言っても、帰国したのは21日。それから、しばらく旅行疲れなのか、ダウン気味でした。

グランデ君は1歳に成ってすぐ初海外旅行となったわけですが、頑張って付き合ってくれました。香港のホテルの空調が寒かったせいか、ちょっと風邪気味になってしまいましたが、無事帰国。
マカオは日本の真夏並みに暑かったので、寒暖の差が激しかったのかもしれません。

私も10年ぶりにパスポートを更新して(10年間で19回海外に行っておりました。だいたい年2回ペースですね)、初めてマカオへ。
ポルトガル統治時代の街並みが残る旧市街は雰囲気良かったですが、カジノが盛んなせいか、観光客の質があんまり良くなくて、がっかりでした。
カジノが改装中のマンダリンオリエンタルホテルに泊まったのに、ロビーにおなか出したオジサンが腹ポリポリかきながら入ってくるんだもの。やだったなぁ…。

香港は3回目かな。
インターコンチネンタルホテル前のプロムナードにブルース・リーの銅像ができていて、そこの前で、グランデ君をコスプレさせて、写真を撮りました。
ポーズも決まってばっちり!
保育園で先生たちに見せたら、大ウケでうれしかったです。

11月はもしかしたら、上海に飛ぶかもしれないグランデ一家。
まずは仕事を片付けなきゃー。が、頑張ります
[PR]

# by keikoda2000 | 2008-10-29 00:25 | 1歳児との生活  

出産の日から1年経ちました

c0098547_22571691.jpg

3連休の最終日は、グランデ君の1歳の誕生日でした。
ということはあの怒涛の出産の日から、もう1年ですね。早いなぁ。

近頃、動物が好きになったグランデ君のために、動物園に行きました。
そしたら、なんと同じ生年月日のチンパンジーの赤ちゃんがいて、お祝いセレモニーがあるというではないですか!
これも奇縁ということで、チンパンジーの飼育場に行きましたが、赤ちゃんはお母さんの背中にしっかりとしがみついて、奥から出てこず、本物と一緒に写真は撮れませんでした。残念。

でも、かわいかったなぁ、遠目で見たチンパンジーの赤ちゃん。
言ってもいいですか? チンパンジーもグランデ君もたいして変わらないと思いました。どっちもいたずら盛りのサルです、サル。
さらに言ってもいいですか? チンパンジーの赤ちゃんより、大きかったです、グランデ君…。

1歳になる日が近づくにつれて、街で出会う人たちから「何歳ですか?」と聞かれて「0歳です」と答えると
「ええー!」
「大きい!」
「でかいなぁ」
と驚かれることが多くなっていたグランデ君。
誕生日前日にも、マンションのエレベーターでであったご夫婦に聞かれ、
「明日で1歳なんですけど、一応今日まで0歳です」
と答えると、0歳には見えないねぇ!とまたまた驚かれてしまったので、
「ええ、明日で1歳になるのが待ち遠しいんです。っていうか、うれしいです。明日からは1歳ですって言えるようになるので、驚かれることもなくなるんじゃないかって」
と早口で言うと、笑ってました、ご夫婦…。
私たちのほうが先にエレベーターを出ると、扉が閉まる間際に、旦那さんの声が聞えました。
「切れ味鋭いよなぁ…」

そ、それは私のことですか? 嫌味に聞えちゃったかなぁ。

以上の顛末を夫に話すと、ヤツは「俺はもう前から、1歳ですって言っているよ」と言うではありませんか!
その手があったか!
「それでも、2歳に見えるって言われることもあるけどね」
そ、そうですか…。

晴れて1歳になったけど、相変わらずビッグサイズのグランデ君(外見2歳)、また1年よろしくお願いします…!
[PR]

# by keikoda2000 | 2008-10-13 22:05 | 0歳児との生活  

旅券取得!

c0098547_22401081.jpg
さすが秋、行事が目白押しです。
本日は0歳にして、パスポートを取得したグランデ君
一応記念に渡してあげたら、わけもわからず、得意そうに持っておりました。
コラコラ、口に入れたらダメだよ!

そうです。わが家は16日から、香港・マカオの旅に出かける予定なのです。
グランデ君のパスポートを取得するのに当たり、私の10年パスポートも今年で切れるから、一緒に更新しとく?
なぁんて、のんきなこと言って、パスポートを引っ張り出してみたら期限切れてました!
危ない、危ない!
ついでにという発想がなかったら、たぶん確認しなかったから、当日、成田空港のカウンターで「お母さんのパスポートは無効ですね」と出国禁止になり、夫と息子だけで旅立つはめに…。そして、夫はマカオで深夜特急的にカジノにはまってしまい、息子はホテルのキッズルームに預けっぱなし。そこに香港シンジゲートと北朝鮮の後継者争いが絡んで、ホテルが占拠され、夫と息子は離れ離れのまま人質に!

と、一瞬でそこまで妄想しましたが、夫が新しいパスポートを申請に行ってくれて、事なきを得ました。無問題です。

今日、私も新しいパスポートをゲットしましたが、またも10年旅券。
10年後、期限が切れる頃には、今回撮った写真を見て、ああ30代の頃はまだ若かったなぁ、とか思ったりするんでしょうか。うーん。

ちなみに古いパスポートの写真は20代のもので、若いっちゃ若いんだけど、なんかまだまだ世間を知らないぜ、という感じで、あまりこれも見返したくない表情なのでした。
今回は、育児疲れしている感じにも見えるけど、少しは大人の表情になっている気がするな。
40代のパスポートは、もっといい表情で写りたいものです、ほんと。
[PR]

# by keikoda2000 | 2008-10-08 22:56 | 0歳児との生活  

運動会 デビュー!

c0098547_0305437.jpg
今日はグランデ君、初の運動会でした!
サイズ100のTシャツを着せ、山岳帽みたいなキャップをかぶると、わが息子ながら、か、貫禄です!
とても0歳児には見えないなぁ…。
(たぶん2歳ぐらいに見えるんでしょうね)

しかし、競技はもちろん0歳児クラスのもの。
ハイハイかけっことマットを使った障害物競走に参加しました。

事前の練習であまりうまくいってなかったみたいので、ちょっと心配していたのですが、無事完走~!
よかったよかった。
競技の前後には園庭を埋め尽くす人を見て、泣き出したりしましたが、なんとか本番は大丈夫でした。

買ったばかりのデジタル一眼レフでバシバシ写真撮りましたが、私が競技に出ている間は、夫がカメラマン…。
「これどうやってズームするの?」
「あのさ、走っている子にピント合わないんだけど…」
と、トーシロな質問をしてきやがります。
デジタル一眼レフを買おうって言ったのは、あんたでしょー!

やはりコンパクトデジカメしか使ったことない人は、練習なしに一眼レフにトライしてはいけません。
ほかのお父さんたちは、だいたいビデオカメラで遠くから10倍ズーム、20倍ズームで楽々カメラマンしてました。
デジタルビデオカメラを片手に構え液晶を見ながら、競技中のわが子に手を振る。
…うーん、やはりこれが運動会撮影、勝利の方程式なのでしょうか。
うちはその点、負け組でした。
お母さんがグランドの隅で片ひざ突いて、はた迷惑なズームレンズを繰り出し、ガシャガシャ、シャッター音を鳴らすなんて、なんか、頑張りすぎな感じです。

でも、ビデオってあんまり撮った後見なくないっすか???
デジタルだと写真にも変換できるから、一挙両得なのかなぁ…
[PR]

# by keikoda2000 | 2008-10-05 00:44 | 0歳児との生活  

デジタル一眼買った!

c0098547_21204430.jpg

ううう、およそ1ヶ月ぶりの更新です。

9月は、そりゃもうわが家は大変でした。というより、私が大変でした。
いつになく仕事が立て込んじゃいまして…いや、ありがたいことなんですけどね。

締め切りラッシュが終わったと思ったら、16日から19日までは北海道旅行。
グランデ君を連れて、旭山動物園まで行ってきましたよー!
生まれて3ヶ月目ぐらいに動物園に連れていったら、無反応だったグランデ君ですが、今回は大喜び! シロクマやサイやライオンを見ては、手をすっくと上げ
「うお?うおうお?おっおっ」
と興奮。
同行したおばあちゃんにシロクマのぬいぐるみを買ってもらってご機嫌でした。

秋の富良野・美瑛の景色も堪能し、楽しかったんですけど…東京に戻ったら、しばらく疲れてダウンしておりました。

ひとつ助かったのは、動物に目覚めたグランデ君が、動物園のDVDを見せると、しばらくおとなしくしてくれるようになったことでしょうか…。

で、本当なら、今回は動物園の写真をアップしたかったのだけど、あんまり時間が空いちゃったので、今日近所で撮った写真をのっけてみます。

これはねー、ご近所写真と見せかけていつもと違いますよ。
デジタル一眼レフで撮ったんですよ、昨日買ったばっかりの!
しかもお値段、実質28000円! コンパクトカメラより安い!
で、やっぱり撮ってみたら、コンパクトカメラとは違うなぁ、描写力が、と感服した次第であります。
撮影者の腕は悪いんですけどね。

ちなみに、今回は量販店価格39800円のソニーα200ボディのみを購入したのです。
下取り7000円引きで、ポイントが13%ついて、と超お得でした。
昔買ったミノルタのレンズも生かせるしね。
よーし、これで週末の運動会をバッチリ撮るのだ!
[PR]

# by keikoda2000 | 2008-10-01 21:32 | 0歳児との生活  

足でカサコソがマイブーム

c0098547_2350486.gif


おかげさまでグランデ君、突発性湿疹から復活しました。
元気に保育園に行っております。

今のマイブームは「足でシーツをカサコソコソ」。
座ったまま足を開く動作をするのが面白いみたいで、笑いながらいつまでも、千回でも百万回でもやります。
こんなことができてウレシイんなんて、たわいないもんだね。
寝たままの赤ちゃんだったのが、ハイハイで進めるようになって、つかまり立ちもできて、自分でいろいろ思うように動けるのが楽しいんだね。

比べて、母は思うようにならない。
進行が遅れた仕事&突然振って沸いた仕事など、締め切りが重なってしまいました。
1日でも先延ばしにしつつ、この週末は原稿ざんまいということになりそうです。
うーん、こんなアニメ作っている場合ではない!
[PR]

# by keikoda2000 | 2008-09-04 23:48 | 0歳児との生活