<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

言葉がない

女子フリー、鈴木明子の演技に泣けました。

浅田真央は、メダルの色も演技の出来も予想どおり。
この経験はきっとソチ五輪へとつながっていると思いますが、来季はタラソワの下から出てほしいな。

安藤はやっぱりメダルなし。
彼女のピークは、トリノ五輪の次のシーズン、東京での世界選手権で金メダルを取ったときだったんでしょうね。
3回転ー3回転をクリアに飛べた、あのシーズンの安藤はすごかった。

そして、ジャッジ(審判)。最終滑走の長洲未来の得点がなかなかでなかったのは、カナダのロシェットを退け、長洲にメダルを与えるかどうか悩んでいた、でも、そうするとメダリストが全員東洋人になっちゃうし…みたいな時間、ではなかったんですよね? ちょっと疑わしいなぁ。

フィギュアに詳しい人なら、ほとんどの人が、浅田真央の金メダルはない、と分析できていたはず。
でも、真央本人だけが最後まで諦めなかった。

負けて悔しいと素直に泣く姿を、まぶしいものを見るように感じました。
彼女にかける言葉はありません。
[PR]

by keikoda2000 | 2010-02-26 18:47 | フィギュアスケート  

安藤美姫はジョニー・ウィアーと同じ運命?

オリンピックの女子フィギュアSP、まずは浅田真央がミスなく滑ってホッとしました。
と言っても、生中継を見ている間は、心臓がバクバクして横にいる夫に
「手を握っていてー」
と泣きつく始末。こんなの出産以来だったよ

ショートが苦手だった真央ですが、ひとつ大きな山を乗り越えたみたいで、頼もしい感じすらしました。
これは明日も期待できますね!

でも、プログラム構成と演技力、そしてSPでついた点差を考えると、キム・ヨナの優位はちょっとやそっとじゃ揺るがないとも思いますが…

で、真央はまぁいいとして、気になったのは安藤美姫です。
たしかに連続ジャンプとフリップはいい出来じゃなかったけど、ヨナ&真央と、なんでここまで点差が開いちゃったの?
本人も「プログラムは良かった」と言っていたとおり、いい演技だったのに、演技構成点が低すぎ。

そして、結果を見れば、1位のキム・ヨナ、2位の浅田真央、3位のジョアニー・ロシェット。
この3人だけが70点超え…
ん?これってなんかデジャブだな。
男子シングルも、SPの時点でメダルをとった3人だけ90点超えだったし、トリノ五輪のときも、女子SPでメダリスト3人だけが70点を超えていた。

やっぱりねー、もう確信したよ。
何をかというと、審判はそのときの出来栄えだけで公正に点数をつけているわけじゃない、ということですよ。
まずロシア代表とかアメリカ代表とか日本代表とか、強豪国の中でのランキングがある。
要は各国の一番手に一番高い点を出す、というのが基本にありきで、後はSPの出来でその中から3人を選ぶ。後はフリーの出来で、その3人の中でメダルの色を決定する。
とこうゆうパターンです。

30人を超える選手の出来ばえを、ひとりひとり比較はできないものね。
分かる気もするけど、やっぱりそれは公正なジャッジとは言えないとも思う。

そうなると、誰が損をするかというと、各国の二番手です。
男子シングルで、アメリカの一番手ライサチェックが金メダルに輝く一方、二番手のジョニー・ウィアーはSP、FSともにノーミスだったのに、不当に低い点数で7位。
今回も、日本女子の一番手、浅田真央が2位になったから、安藤は4位。

そのへん、絶対になんらかの作為が働いていると思うのです。
ロシェットの演技は確かに素晴らしかったけど、アジア系にメダルを独占させるわけにはいかない、という計算も感じる。
じゃなきゃ、こんなに毎回、SPで3人だけが一線を画す点数を取るわけないよ。
演技構成点=プログラム・コンポーネンツでいくらでも、点数は操作できるからね。

安藤も自分の点数が操作されていると感じたんでしょう。SP終了後のインタビューからは、そういう不満が感じられました。

私は真央より、安藤の銅メダルはカタイ、と思っていたので残念。
FSで前例破りの追い上げを期待してます!

スポーツニュース
[PR]

by keikoda2000 | 2010-02-24 17:53 | フィギュアスケート  

真央のメダルは…何色?

NHKの「浅田真央 金メダルへの挑戦」を見ましたか?

これがなかなかいい内容だったんですが、中でも最大の見所は、本邦初公開!?タチアナ・タラソワコーチの自宅!
ゴシックだよーロマンチックだよー、黒を基調としたすんごいインテリア。
浅田真央の衣装選びからして、そのセンスに?をつけられていたタラソワですが、やっぱりお好きなんですね…こういうのが。
他にも、自ら車を運転するタラソワ!携帯メールを送るタラソワ!
とフィギュアファンなら見逃せないポイントいっぱいですが、まぁ、本題とそれるので、置いといて。

タラソワコーチが、真央に何を求めているか、真央のどんな才能を引き出そうとしているのか。
それはこの番組を見て、良く分かった気がします
浅田真央という30年にひとりの逸材を、大事に、長期的なスパンで育てようとしていて、そのために、表現力の面で高い目標を設定しているんでしょうが…

なんつーのか、うまく例えられないんですけど、数学で言うなら
小学校入る前に九九を覚えた天才少女に、いきなり微分積分をやらせているような感じ。
とでも言うべきなのか。
でも、今回のオリンピックは分数の掛け算ぐらいできれば、メダル獲れるんだよねー。
みたいな。

でも、真央は必死で微分積分をマスターしようとしている。
タラソワと真央はある意味似た者同士で、高い目標を設定したら、そこから下げられない。
いや、タラソワはフリーのプログラムが本当に「鐘」でいいのか?と真央に聞いているので、「このプログラムをやり通す」と答えた真央の方がもっと頑固なのかもしれないなぁ。
ということは、タラソワがそんな真央の不器用さを理解した上で、初めからもうちょっと滑りやすいプログラムを与えるべきだったんじゃないでしょーか。

あと、疑問に思うのは、タラソワのセンスですよね。
確かにこれまでは名コーチだったかもしれないけれど、現在の世界のエンターテインメントのトレンドを理解しているかは怪しいし、ロシアの作曲家にこだわっているのも不自然。
ましてや、今回は北米大陸で開かれるオリンピックですよ?
ロシアの圧制に苦しむ民衆の声を表現した「鐘」を日本人の真央にやらせて、どうするんだ?

その点、キム・ヨナのコーチ、ブライアン・オーサーの方が、明らかに今の時代に合っているんだと思う。
ヨナは、直前練習を見るとジャンプの調子が良くないみたいだけど、例え彼女にジャンプのミスが出ても、彼女にはプログラムの良さと表現力が、真央は不利だよな、と思う。

だから、真央には、タラソワの指導で今のプログラムに挑戦したことと、オリンピックの経験を生かして、ソチで金を獲ってほしいなぁ。
マスコミへの受け答えを見ると、クレバーなコメントが出てきているので、これからの成長を支える精神力はできたんじゃないかなと。

そんな気持ちでございます。
テレビでは女子SPが始まっている! 今回のオリンピックはとにかくショートが大事なので、26日より、むしろ本日が決戦ですね。

Excite エキサイト : スポーツニュース
[PR]

by keikoda2000 | 2010-02-24 09:57 | フィギュアスケート  

4回転は魔物 

明日のフリー、高橋は4回転を跳ぶんでしょうか?

決戦は木曜日(現地時間)、あと8時間ぐらいで、フィギュアスケート男子シングルのフリースケーティングが行われます。
いよいよだー。もう今夜から眠れないでいるよ。

この日のために、大型プラズマTVを買い(と言っても46型、10万円台)、TVのために電気のアンペア数を上げ、準備万端オーライ! なのですが、大画面で見ただけに昨日行われた男子SPの結果でジャンプの失敗が続いたことに、たいへん動揺…。
メダル争いから転落した、B・ジュベールはどうなっちゃうの? 地元の期待を一身に背負っていたP・チャンは? もともと波のあるT・ベルネルやJ・アボットはまぁしょうがないとしても。

3人とも今季は調子良くなかったとはいえ、能力はある選手なのに。
オリンピックの怖さをつくづく思い知らされましたよ。

4回転ジャンプの怖さもね。
ジュベールやベルネルは4回転ジャンパー。それはもうすごい努力のうえに4回転を跳んできたのに、3年間現役を退いていたプルシェンコが4回転ー3回転を易々と決めてしまった!
その現実が、彼らを心理的に焦らせたことは間違いない。たとえ意識してなくても。
ほんの少しの心の揺れがあっても、4回転は成功しなくなるもんだと思うんです。
だから、プルシェンコの滑走順が先だったことで、その時点で彼らの敗退は決定していたのかな、とも。

そして、プルシェンコ以外の4回転ジャンパーがいなくなった現在、3位の高橋は銀か銅狙いで、4回転を回避すればいい。
…と誰もが思うことだけど、おそらく跳ぶんでしょうね。

それはペアスケーティングのロシア代表、川口悠子を見ていてもわかったことで、
4回転の成功率が低くても、結果的に本番で失敗したとしても、
4回転するんだ!と前向きな気持ちで本番に臨むことってすごく大きな力になるんだと思う。

だから、私は君を止めないよ、大ちゃん。
強い気持ちを持ち続けて、本番で4回転を決めちゃってください!
…でも、失敗しても、動揺を引きずらないでね。そこだけは、よろしくお願い申し上げます

Excite エキサイト : スポーツニュース
[PR]

by keikoda2000 | 2010-02-19 02:06 | フィギュアスケート