<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

松本人志の話芸を小沢一郎氏にも

昨夜の「人志松本のゆるせない話」(フジテレビ)は久々に面白かったです。
タイガー・ウッズと夫人が大喧嘩し、タイガーの愛人が次々に名乗り出てきているスキャンダル。
それについて、ぜひ訴えたいことがある様子の松本人志。
話初めからテンション高めで、一回聞いただけでは支離滅裂なんですが、その訴えっぷりがあまりにも笑えたので、勝手に全文掲載しちゃいます。ちょっと補足しつつ。

松本人志
「今、それこそいろいろ騒がれてますやんか、タイガー・ウッズが女癖が悪いと。
で、僕はこれを機会に男が一致団結すべきやと、思ってるんです。
いや、僕がこの時期にこんなことを言うのはおかしいかもしれません。
だけれども!だからこそ!僕は言いたい。
男は浮気をするもんやって、みんなが言うんですよ!(意訳:みんなが言うべきだ)
どうですか!? これはチーム“男”なんです。
男が全員、男は浮気をするもんだって言うんですよ(言いましょう)。
(でも、そう呼びかけると、男の中で弱気になってこう言うヤツがいる)
どっからどこまでが浮気? とか
そんなんどうでもエエねん!
みんな一致団結して!
いや、浮気しない人もいるんです。いるんですけど、ここはもう男ということで、みんなチームですから。(浮気)しますよということで
、もう男は浮気をするもんやって言うことで、もう突き詰めていかないと、次のステップに行けないじゃない!
だから、タイガー・ウッズのコレ(事件)をイイことに、男は全員、浮気するよ!って言い切るんです。
…ちなみに、僕はホンマは(浮気)しないけどね」
(ええー?と他の出演者がツッコミ)

どうですか?この見事な開き直り論法。
うちの夫も一回目は意味が分からなかったみたいですが、爆笑してました。
この論法を小沢さんが活用して、もうね、開き直ったらどうかと。
もちろん、男=政治家、浮気=献金もらう、とかに置き換えて。

そしたら、有罪確定しちゃいますか、ダメですか…。
でも、こういうふうに自分の弱みをさらけだして話してくれたら、小沢さんに初めて好感もっちゃうかもと思うのですが。
「こんな時期に僕がこんなことを言うのはおかしいかもしれません。でも、だからこそ僕は言いたい!
政治家は献金もらうもんだって! 一致団結して言うんです。
いや、実際にはもらってない人もいるんですよ。でも、ここはもらうもんだってことにしないと次のステップに行けない。
…ちなみに、僕はもらってないけどね」

いやー、ぜひ言ってほしいなぁ。

こちらで動画が見られるようです
http://likeit430.blog43.fc2.com/blog-entry-1728.html
[PR]

by keikoda2000 | 2010-01-27 18:09 | TVあれこれ  

空耳アワー

c0098547_234162.jpg
年末年始は沖縄に行ってしまった(写真は元旦の北谷サンセットビーチです)ので、
この3連休は実家に帰りました。

グランデ君は、おしゃべり楽しい盛り。お歌も上手になったね。
とジジババを喜ばせたのは、まぁよかったのですが、何せ、彼は真性の“テツ”ですから。
歌うおうたにも、当然のごとく電車たちが登場。
新幹線なんか、彼の脳内では完全に擬人化されています。
真顔で、プラレールと戯れながら、歌うことには…

例1
「糸まきまきー、いーとまきまきー(中略)、できたよできた♪ のぞみのおくつ♪」

のぞみはおクツはいたら、たぶん時速300キロでないと思うよー!

例2
Max(東北新幹線)はね、マックスって言うんだ、ほんとはね♪ だけど、ちっちゃいから、自分のことマックスっていうんだよ♪」

Maxは、ちっちゃくないからMaxっていうんだってば!

…と思わず、ツッコミ待ちか?と疑いたくなるような替え歌を歌ってくれます。
これじゃ、空耳アワーだよ。

ということで、歌のレパートリーは10曲以上にどっと増えたものの、あまり歌詞を理解しているとは思えないグランデ君でした。
今年も、こいつはどこまでマイペースなのか?
2歳になった今でも血液型調べてないけど、絶対O型だと思われます…
[PR]

by keikoda2000 | 2010-01-11 23:13 | 2歳児との生活  

つらすぎた年末

c0098547_11333773.jpg

みなさま、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いしますっ(ペコリ)
写真はお正月を沖縄で迎えたグランデ君です。

いやー、わが家の年末はすさまじかったです。何って引越しをしたんです。
グランデ君の入院騒ぎ→出版業界恒例の年末進行、というハードな日々を乗り切ったような乗り切ってないような、そんな12月上旬。
今のマンションより、30平米近く広くなるが、家賃は2万円以上安くなる。しかも角部屋、リフォームしたて!
というミラクル物件に出会ってしまい、エイヤって決めてしまいました。

引越し日は、年末も押し迫った26日。
この引越しのプロセスに対しては、もう本当にいろいろありまして、週刊誌の見出し風に言うと

「駅前の不動産業者10社が驚愕! 
引っ越す引っ越すと言って物件だけ見つづけてきた狼少年一家がついに新規の賃貸契約を結ぶ」

「I家に眠る巨大不良債権、なんと段ボール70箱!
狭い2LDKに隠されていた驚くべき資産の総額は?(ほぼ使わないものばかり)」

「結局、外注で丸投げ!
学生バイトと家政婦サービスに引越し準備をやらせた一家の主婦はこう宣言
『だって私ひとりじゃ、絶対無理だもん』」

「引越し当日! まさかのハプニング
引越し業者の若者が新居の隣人に暴言を吐く。平謝りの新生活一日目」

とか、ドラマティックな展開がてんこもりでした。

その後、新居にバベルの塔のごとく積み上げられた段ボールを見ないようにして、29日から沖縄に逃避行。
引越し作業があまりに大変だったせいか、沖縄は天国みたいなところに感じられました。

年明けに東京に戻ってきて、現在、段ボールだらけの新居で暮らしてますが、大変だったけど引越してよかったです。
広い家(当社比)ってやっぱり開放感があるわー。南東向きで、日光もいっぱい入ってくるし。

今年はこの新居で、もうちょっとゆとりのある日々を送りたいと思います。
[PR]

by keikoda2000 | 2010-01-08 11:50 | 2歳児との生活