<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

ビールを捨てる村上春樹 「1Q84」ネタばれナシの感想

先週は暇だったので、15日に村上春樹の新刊「1Q84」を購入。7日間で一気に読みきりました。
え?7日もかかって“一気に”なんて言えない?
そんなことないよ。育児しながら仕事しながら、一日に数えるぐらいしかない自由時間を使っての7日間だもの。土日も夫が休みじゃなく、48時間まるまる子供に付きっきりだったもの。早めに読了したほうじゃないかと思う。

まぁ、仕事が暇だったというのもあるけど、それぐらい面白かったです。

感想とか批評みたいなものは、下手に書けない村上ワールドなので、えー、本筋とは関係ないところで、ひとつ気づいたことを。

「1Q84」の舞台はもちろん1984年、そして村上春樹のデビュー作「風の歌を聴け」は1970年を舞台にしているわけですが、主人公の男性の描写に隔世の感がありました。

「1Q84」の天吾(主人公)が自宅で夕ご飯を食べるときの描写
「天吾は結局二本目のビールを半分残し、(中略)残ったビールを流しに捨て」(Book2 P96)
にびっくり。
ビールを残して、流しに捨てたってぇ!?

だって、「風の歌を聴け」の有名なフレーズはこうですよ。
「一夏中かけて、僕と鼠はまるで何かに取り憑かれたように25メートル・プール一杯分ぐらいのビールを飲み干し」

村上春樹といえばビール、ですよ。初期的イメージとしては。何かと言えば、ビールを飲む描写が出てきていたのに。
当時、未成年だった私も、大学生になったら、プール一杯分ぐらいのビールを飲んでやるわ、と憧れていたのにー!
(実際に20歳の夏にはそのぐらい飲みました。あ、あと2年前にもドイツにひと夏行って、そのぐらい飲んだ、うまかった)

そりゃね、村上氏が近年とてもヘルス・コンシャスな生活を送っているのは知っていましたが。
まぁ、時代的にも、メタボ対策で、あえてビールを残して捨てるのが、流れかもしれませんが…。

でも、小説はバブルに向かう84年ですよ? 主人公は30歳になったばっかりだよ?
ここは2本目も軽ーく飲んでほしかったところです。

まさか村上作品で「ビールを捨てる」という文章が出てくるとは思わなかった。
デビューから四半世紀、時代は変わってしまったのね…。

以上、小説のメインとは全く関係のない、どうでもいい感想でした。
[PR]

by keikoda2000 | 2009-06-23 17:10 |  

定額給付金car

6月1日に義弟の結婚式があり、花嫁付添い人という大役をおおせつかったグランデ君。
しかし、初めから「1歳坊主には無理だろう」と思われていたらしく、花婿が抱きあげて、無理くり付き添わせてくれました。よかったよかった。

しかし、その後、私は仕事が上半期最高の忙しさを迎え…沈没。
自宅は荒れ放題、料理なんかする暇ないから外食&弁当ばっかり、洗濯物もうず高く積まれて崩れて、リビングは腰を下ろすところもないような、そんなヒドイ状況になりました。

そうなると、人間不思議なもので、目の前の悲惨な状況をきれいにしよう!とは“思わず”、なんかどこかへ逃避したくなってしまうのです。いや、私だけか
遠いところへ行きたい~♪ どこか遠いところへ~
というわけで、定額給付金で買ってしまいました。

グランデ君のファーストカー!
c0098547_16412174.jpg

ハイ、ただの子供乗せママチャリです。パパ兼用で多少はスポーティーなデザインになってますが、純然たるママチャリ。
しかも中古。だって新品買うと5万円以上しますからね。定額給付金じゃ買えないですから。

ママチャリでは、遠いところには行けないし、しかも梅雨どきだし、とは思ったけど、近場に多摩川や飛行場、植物園などがあるので、そこに行くだけでもけっこう気分転換になるもんですね。

グランデ君は、初日こそ写真のように泣きかぶってましたが、
ヘルメット嫌だけどかぶる→自転車に乗る→母さんの運転下手だけど我慢→知らないところに行ける→電車とか飛行機とかが見られる!(かもね)
というプロセスが頭にインプットされたみたいで、自分からヘルメットを持ってきて、催促するまでになりました。

しかし、自転車に乗せて連れまわせば、早く寝てくれるかと思いきや、そーではない…。
「いやー、昼間は飛行場に行って、三度の飯より好きな“ひこーっき”を見せてもらって堪能したぜ。そのせいかな? なーんか興奮しちゃって、もう夜の11時らしいけど、ちっとも眠くないぜ、絶好調だぜ」
と言わんばかりの表情で、全然寝てくれないのでした。

こっちは楽しませ損かい! 親のほうが自転車疲れで、お先にダウンです…。
[PR]

by keikoda2000 | 2009-06-15 16:51 | 1歳児との生活