<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

二重になってきました

目が一重なこと以外は、ほぼ父親そっくり、という評判だったグランデ君ですが、
その唯一違った目も二重になってきました。
…なーんだ。
もうほぼ父親のミニチュア状態です。

最近、ファミレスとかで外食することも増えましたが、ハンバーグとかポテトフライにばっかり手を出して、野菜を食べようともしません。
そんなとこまで、父親にそっくりです。
というか、逆に夫がいい年齢して、食べ物の好みが子供っぽいわけですが。
…なーんだ。

男って単純だな、わかりやすいな、ちょっとつまらんな。

でも、こうやって、外で、私とは違う椅子に座って、ご飯を食べてくれたりすると、
ああ、もう私の胸元にひっついていた赤ん坊じゃないんだと。
母親と一体じゃなくて、小さいながらも一個人として、食べて歩いて遊んで眠っている。
ご飯を“一緒に”食べるという行為が成り立つようになったんだなぁ、と、しみじみ思います。

夫が土日休みじゃないので、グランデ君が生まれるまで、私はいつも孤独な週末を過ごしていたわけですが、一緒に過ごす人ができて、ちょっとうれしい。

さらに、映画とか漫画とか本の感想なんか話せるようになったら、もっとうれしいかもしんない。
…いったい、それは何年後のことになるんでしょうか。
[PR]

by keikoda2000 | 2009-01-31 17:30 | 1歳児との生活  

クッションさん助けて

c0098547_0562564.jpg

汚い話ですみません…

グランデ君、金曜日、保育園でのランチ中に異変が起きました。
「向かいの子に、食べていたきんぴらが飛ぶぐらい!」(保育士さん談)
すごい勢いで食べていたものをもどしてしまい、大ゲロ。
「グランデ君が、グランデ君が吐いた~!」
と教室は大騒ぎに。
なのに、吐きながらも、きんぴらを寄こせとテーブルにしがみつくグランデ君。
物心つきはじめた2歳近くの女の子たちは、汚い~イヤーと泣き出すし、
さながら阿鼻叫喚の様相を呈したとのことです…。

速攻、母親が呼び出され(それでも仕事が終わらず1時間待ってもらった)、
そのときはお昼寝に入って落ち着いていており、
「熱もないし、病院に行くまでもないかも。おうちで様子見てもらったら十分ですよ」
と保健婦さんに言われたので、私も大丈夫かと思ったのですが、
ベビーカーで玄関に着くなり、またしても大ゲロ。
着ていたダウンジャケットからベビーカーのシートまで、全滅です。
その汚れを取っている途中にも、またゲロ。
おなかが空いたと泣くので、ヨーグルトを与えても、すぐゲロ。

こ、こりは病院行かなきゃダメでしょー。
そう決意したけど、家の床はゲロだらけ。抱き上げても吐くので、私の髪やセーターもゲロまみれ。それを掃除しようにも、抱くのをやめると、ギャーギャー泣く…。
どうしよう。どうしようもなくて、今日は近くにいるはずの義母にヘルプの電話をしてみると、
「わざわざ病院行かなきゃなんない? 大丈夫だと思うけどね。吐くなんて、よくあることだから」
男の子2人を育てあげた義母は、あっさりしたもんでした。

夫とも連絡取れず、これはもう自分ひとりで、なんとかするしかない。
という状況になり、火事場の馬鹿力を発揮。
泣く子(12キロ)をおんぶし、ゲロを背中に吐かれながら、とりあえずの掃除をし、ベビーカーのシートと肩ベルトを交換し、路線バスをつかまえて、なんとか病院に行って参りました…。ふう。

病院で診察を待つ間にも、またゲロ。
救急扱いにしてもらい、急性胃腸炎、との診断を受けました。
要するに、吐き気とゲリを伴う風邪です。
「先生…これって大人にうつりますか?」
「うつりますよ!」
とキッパリ先生。吐いたものに触ってもうつるし、吐いた物が乾いて粉末となり飛び散ると、またそれでうつるということです…。
そんなー、私の髪も服もゲロめいっぱい吸収しているんですけど…。

ということで、けっこう大変な金曜日でした。
何も食べられないし、下痢しているしで、グランデ君も脱力気味。
吐き気がないときでも、あまり元気がなく、すぐクッションに抱きついて、ぐったりしています。

私も深夜までかかった洗濯(吐いたものすべて手洗い&消毒)で、もうグッタリ。
土曜日は母子2人で、昼間もほとんど寝て過ごしていました。

クッションに抱きついて、おとなしくしているグランデ君は、暴れまくっている普段に比べたら、なんだか可愛らしいけど、らしくない。
早く元気になってね!

しかし、保育園に通う1歳児男子の秋冬ってのは…ハードだ。
「病気じゃない期間」というのが、ほとんどないものね。
やむなく、小児科に預ける病後児保育の登録もいたしました。月曜はさっそくそこに行ってもらうことになるかな?
[PR]

by keikoda2000 | 2009-01-25 00:56 | 1歳児との生活  

お前なんかママじゃない

今年は仕事しなきゃー、と言っていたのが良かったのか悪かったのか。
3連休の前後に、締め切りが10本!という状態になり、ネット落ちしてました。
うーん、でもおかげで再発見したよ。
子供の面倒を“まったく”見なければ、1日に原稿用紙30枚分は書けるね、私…。
追い詰められればそこまでできるのだ、ということを、あんまり発見したくなかったけど発見しました。

まぁ、そんなことはどうでもいいとして、グランデ君はもう生後1歳と3ヶ月。
歩くのはすっかり安定し、ダッシュしてもめったに転ばなくなりました。
逆さまから“吸って”音を出していたラッパも、ちゃんと吹けるようになり、ミルクと母乳もほぼ卒業いたしました!

そして、今は言葉の習得に熱心…なはずなのですが、1歳すぎたあたりから、ただひとつ言える言葉は、これだけ。
「ゾウさん♪」
クリアに出てくるのは、これだけなんです。
それ以降、ボキャボラリーが一向に増えないんです。
たまに、まぐれでワンワン、ニャアニャア、どうぞ、みたいな音は発しますが、次の日はすっかり忘れちゃっている様子。
あとは言葉になっていない疑問系「アウ?ウアウア?エイエイエ?アエアエエエエ?」とかいう音を発するのみです。

ゾウさんだけは、絵本やビデオを見せると、必ず言うし、ゾウさんゾウさん、お鼻が長いのね~の歌なんか、体を横に揺らしながら、メロディをハミングしているのに…。
土曜日保育で先生がひとりしかいなかった日なんか、お迎えに行くと、保育士さんが
「今日はもう、何回ゾウさんを一緒に歌ったことか!」
と苦笑まぎりに言ってたりするんだけど…。

そうなるとアレです。ちょっと問題になってくるわけですよ。
両親の呼び名が!
うちは高齢両親なので、パパママなんて気恥ずかしい。とーちゃんかーちゃん、って呼んでね、ってことにしてあるんだけど。
まったく覚えている気配なし、です。

うちの母なんか「ママパパのほうが、子供にとっては呼びやすいのよ」って言うし、保育園の先生方も「ほらグランデ君、ママが迎えに来たよ」って話しかけているし、いっそママパパで統一したほうが、早く覚えるんじゃないか。

ママと呼ばれたら恥ずかしいなんて、親側の勝手な都合なのかもしれないなぁ…。
なんて気持ちが揺れていた、土曜日の夕方。
グランデ君に教育テレビを見せて、台所で夕飯を作っていたところ、放送していたアニメが、なんかほんわかもので。
「あっ、ママが来たよ。後ろには子供たちがたくさん。ママには子供がいっぱいいたんだね」
なんつーナレーションが入った瞬間、
グランデ君がダッシュして、こっちの台所にやってきたのです。

「ママ」という言葉に反応して、私のことを見に来たのかな、と思ったので、これはいい機会かもしれない。
と思い、台所の入り口に設けてあるベビーゲートを開けて
「グランデ君のママはここだよ、ねっ、ママ、これがママ」
と自分の鼻を指さしてみせたら、
「???」
と一瞬ぽかんとし。
「アウアウア?オエオエ、イーエイーヤ、ジャッ、ジャッ!」
と怒ったような顔になったグランデ君は、こちらを牽制するような声を発し、
ガッシャン! 自分からゲートを閉めて、背を向けて去って行ってしまいました。

……おーい。
私の顔見に来たんじゃないんかい!
いつもはゲートを開けてって泣いて頼んでくるくせに、自分で閉めちゃうって。
そんなにママって言葉に違和感があったんでしょうか…。

おそらく、グランデ君の奇声を理解しようとするに、
お前なんかママってタイプじゃないと。
どの面下げてママだと、ババアのくせに気持ち悪いんだよ、バーカ。
って、そんな感じでしょうか。

分かったよ、やっぱり、かーちゃんでいくよ。
ママってキャラじゃないもんね、自分でも初めから分かっていたんだ…。つい魔が差しちゃったんだよー。

まぁ、2歳ぐらいまでに、かーちゃんって呼んでくれればいいか。
そんなふうに割り切ることができたので、まぁ、良かったんでしょうか。
ちょっとショックだったけど…。
[PR]

by keikoda2000 | 2009-01-19 13:45 | 1歳児との生活  

熱心にやってます

c0098547_0555083.jpg
今日はグランデ君、中華鍋にこびりついたチャーハンのおこげが気になったようです。
スプーンで熱心ではがしています。けっこう大きいおこげだったのですが、1時間以上、はがすのに熱中しておりました

助かるなぁ。
おこげは取れるし(部屋に散らかるけど)、グランデ君はおとなしくしてくれているし。
もともとキッチン用品大好き、鍋、ヤカン、ザルは彼にとって「三種の神器」なのです。

しかも、実用度&機能が高くなればなるほど、興奮度もアップ!
普通の鍋より三層鍋とかに興奮してきましたが、中華鍋は今日初めて出会って、だんぜん別格の存在になったようです。
鉄製で重ーい感じがお気に召したんでしょうか。

この世にこんなカッコイイものがあったとは…!
という表情で、ホウと感嘆の声をあげ、台所からリビングに運んであげたら、のこのこついてきて、あとはおこげはがしに夢中でした。

なんかでも、こうゆう局部的な汚れをキレイにするのに熱中するのって、夫に似ているみたいでイヤですけどね。
「かーちゃん、これ汚れているよ、気持ち悪いよ、きれいにしなきゃ」
なんて、夫みたく、口うるさく言うようになったりして。うーん、それは勘弁。
[PR]

by keikoda2000 | 2009-01-08 23:55 | 1歳児との生活  

あけましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします

このブログも、なんだかんだで2年半…3年目に入りました。
会社辞めてから始めたブログなので、まぁ、半年前までは産休期間としても、そろそろヤバイなぁ、働かなきゃなぁ、という感じ。(家計的にもね)

今年は働きます!
しゃきっとしなきゃー。

とり急ぎ、ごあいさつまで。
皆様、楽しいお正月休みをお過ごしくださいませ!
[PR]

by keikoda2000 | 2009-01-02 21:22 | 主婦日記