<   2008年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

毎度おなじみのネタで…

c0098547_2344744.jpg
仕事を再開して1ヶ月、そろそろフルで仕事が入り始めました。
けっこうバタバタしております。
保育園が終わる時間に間に合わず、夫のお父さんに子守りしてもらったことも二度ほど。
来週末は土曜日に仕事が入ったので、実家に預けて出かける予定です。

そんな中ですが、息子は相も変わらずのんきに成長しているのです。
あんまり自分の子供が大きい大きいって何度も書くのもどうかと思うのですが、周りから出てくる反応も、もう笑っちゃうぐらい、そのネタなのです。

先日は保育園の帰りに、踏み切りが開くのを待っていたのですが、その踏み切りのそばには工事現場が。
現場のおじさんがヒマそうに出てきて、ベビーカーに座った息子を見るなり笑って、
「ダメだよ、こんな大きい子甘やかしちゃ、歩かせないと!
「…歩かないんです」
「歩かないの?(わがまま言って歩かないと思っている)」
「…歩けないんです、この子まだ生後7か月で」
「ええーっ」
「まだハイハイもできないんですよー」(勝利のほほえみ)

水曜は生まれた病院で7ヶ月健診。
外国人の出産も多いところで、隣には白人のお父さんが座っていました。
お父さんの手元にはかわいい赤ちゃん。足が細くて顔も細長くて、スマートなのです。
お父さんとおばあちゃんがいたのですが、その2人の交わす会話の感じから、イタリア人かスペイン人だな~と思っていると、そこにお母さんが戻ってきて、こっちを見ました。
夫のひざにデーンと座る息子を見て、
「ハハハ、グランデ!グランデ!!」
グランデって言われたー! しかもめっちゃ明るく
嫌な感じは全然しなかったですけどね。お母さんは和風顔で金太郎っぽい息子が、気に入った様子。
その後も息子の手を握って「かっこいいねー」と言ってくれました。グラシアス!
…でも第一印象がグランデだもんね。

その日は、家に帰ってもグランデ君と呼ばれていた息子。ミシュランマンにあやかってビバンダム君、ビバ太郎、とも呼ばれたりしています。

ちなみに7ヶ月健診は体重9735グラム、身長70センチでした。
うーん、デカイ以外に個性はないのか、息子よ!
[PR]

by keikoda2000 | 2008-05-29 23:37 | 0歳児との生活  

本当に必死の願い

おかげさまで息子の気管支炎はだいぶ良くなり、先週の後半は保育園にも行ってくれました。
土曜日には元気に公園でピクニック。
なかなか咳が収まりきらないのですが、長期戦で治していくことにします。

そんな中、金曜日、保育園にお迎えに行ったらば、ちゃっかり女の子の手を握ってました。
うーん、おまえもやるな、なかなか。

息子をもつ母親というのは、みんなそうだと思いますが、産んだ自分のレベルを棚に上げて、できることなら
息子にはモテる男になってもらいたい!
まだ0歳児なんで意味ないかもしれないけど、息子と仲良くしてくれる女の子がいると、もうハハーと平伏したい気分になります。
よろしくね、これからも仲良くしてやってね!

息子のいるクラスは女の子3人男の子6人。
…やばいです。下手すればこのまま3歳まで持ち上がるわけだし、頑張れよ~息子。

そんな親の必死な心、子は知らず、この後、女の子から取り上げたオモチャをガンガン床に打ち付けていたのでありました。
ダメダメダメ。そんなんじゃモテないよ!
[PR]

by keikoda2000 | 2008-05-25 23:33 | 0歳児との生活  

気管支炎でダウン

実は5月に入る前ぐらいから、息子が咳をしがちになってしまいました。
保育園に通いだすと病気するって本当だったのね。

最初は熱があって咳もひどいので、病院に駆け込むと
「肺炎になっているかもしれない。レントゲン撮りましょう!」
ええ~そんな大げさな、と抵抗を感じつつ、息子初レントゲン。
(付き添っていると、レントゲンの影響を気にしてか、お母さん妊娠してませんよねと何度もきかれた。してるわけあるかー、この子まだ生後6ヶ月じゃ、いや、あるのか?そういうこと)
肺炎まではいかないが気管支炎ぎみ、ということで、保育園を一週間お休み。
その後、一度咳は治まりかけたものの、また先週末からゴホゴホーンと咳き込むようになってしまいました。
またしても保育園はお休み。そして毎日の病院通い。
まぁ、今回は熱もなかったし、食欲も元気もいつもどおりだったのですが…。

それにしても、近くの大きな病院は、曜日ごとに毎日当直医が替わり、先生によっていうことも違う違う。
金曜の先生は「熱が出てきたら怖いので、抗生物質を出しましょう」(親の判断で飲ませなかった)。「夜中、呼吸困難になったら、急いで救急病院へ」(ええ~そんな大変なこと?)
水曜の先生は、抗生物質はあまり続けないほうがいい。シロップで行きましょう(やっぱりね)
月曜の先生は、この咳は百日咳かもしれないなー。長年のボクの勘がひっかかる。念のため薬出しとくから(なんかいいかげんっぽかったので薬飲ませず)
火曜日の先生は、百日咳?予防接種受けているのにありえないよ(薬飲ませなくてよかった)

……ハイ、ここまでで判断できなかった私は馬鹿でした。こんなに先生によって言うことが違うなんて、この病院はよろしくない。
そもそも出産のときもここに最初にかかって、そのあまりのコンセンサスの取れてなさ、安全優先ぶりに疑問を感じ、飛び出して違う病院で産んだのでした。
だったら、初めからやめておけばよかった。でも、家から近いもので、つい…。

なので、今日は初めて個人病院に行きました。
保育園の嘱託医でもあるちょっと厳しそうな先生。「先生に怒られて泣いて飛び出すお母さんもいる」という噂も聞いたので、怒られたっていいもんーとこちらもそれなりに気構えて行きましたが、思ったより丁寧な対応でよかったです。
やっぱり自分の看板を背負って病院を経営しているお医者さんのほうが、なんとなく信用できそうです。

それにしても病院通いをすると、子も親も疲れる疲れる。
病院から戻ったら、ふたりしてバタンキューです。ベッドに入って、口数も少なくうつろに見つめあい、どちらからともなく寝入ってしまう。
そんなときに昼休みで帰ってきた夫は、静かにその様子をカメラに収めたのでありました。
早く元気になろうね、息子。
[PR]

by keikoda2000 | 2008-05-21 00:21 | 0歳児との生活  

ちょっと怖いミシュランマン!

おかげさまで生後7ヶ月となり、離乳食も進む進む(保育園で)、ますますでっかくなりそうな息子です。
一応まだ10キロは突破してません。その手前ギリギリという感じ。
それにしても、4月生まれの子を含めた0歳児クラスの中で一番体重が多い! 
暑い日はもう半そでを着てたりしますが、なんかねー、悲しいかな、薄着になればなるほど、肥満ぶりが目立ってくるんですよ。

c0098547_1236125.jpg
だって、この腕! いっぱいくびれがあって、どこが本物のひじなんだー!親でさえ、ときどき分からなくなります。
どうしてこういうことになるかというと、おじいちゃんが腕を曲げさせてみて発見。
「そうかなるほど。ひじだけだと、手元に指をもってこられないんだよ」
だから、ひじと手首の間に、もう一本くびれがあるわけですね。お肉がパンパンすぎて、2段階に分けないと曲がらないわけだ。

実は太りだした生後1ヶ月ぐらいから、ずっとこの状態なわけですが、いつまでこうなのかな?
ずっと「ミシュランのキャラクターみたいだ」と思ってたんだけど、ミシュランマンというらしいですね。
c0098547_12413119.jpg
うーん、ちょっとイヤだけど似ている!

こうなったらヤケで、ミシュランマンの着ぐるみがいるところにいって、記念撮影でも撮っておこうかしらん。
ミシュランマーン、どこに行けばいるのかな。ショールームとかかな?

ミシュランマンをどこかで目撃した方いたら、ぜひ情報提供をお願いします。
[PR]

by keikoda2000 | 2008-05-15 12:42 | 0歳児との生活  

絵里待望&樹里礼賛

おお、今日はついに5月12日ですね。
長いようで短かった。本日をもってついに「春の連ドラ」が出そろうよ~!

ということで、4週遅れぐらいでスタートを切る「CHANGE」の木村拓哉と深津絵里は、朝からフジテレビに出まくり。
貴乃花親方かい!とツッコミ入れたくなる木村のくるくるパーマに、ちょっと引きぎみの私ですが、「とくダネ!」の小倉キャスターいわく「1話目を見たら、すごく面白かった!」。
ほんと~? まぁ、これだけ遅れてつまんなかったら、それはかなり問題だけど。
つまんなかったらそうは言わないであろう小倉さんを信じて、今日はチェックしてみようと思いますです。

なにより深津絵里が政治家のブレーンという役どころをどう演じているか楽しみ。
以前から、女性が政治の世界で本当に力を発揮しているドラマを見てみたいな、という気持ちがあったので、そのへんは期待してます。
深津ちゃんならきっとやれる! 彼女が総理大臣役でもよかったぐらいだよ。

どんな役でも自分のものにして、あくまで彼女ではあるんだけど、役柄によって違う表情を見せる。
そんな魅力をもった数少ない女優さんです。

最近では、そのカテゴリーに上野樹里が入りつつありますね。
「ラスト・フレンズ」は今クール、唯一全話欠かさずチェックしているドラマです。
性同一性障害(現時点では確定せず)である、ボーイッシュな女の子を演じているのですが、これがナチュラルな演技でうんまい!
先週のラストで、瑛太の手を払いのけ、「さわんなよ、さわんな!」とかすれ声で叫ぶところなんか、傷ついた男子そのもの。
「のだめカンタービレ」とも「冗談じゃない!」とも、まったく印象のちがう演技ですね。でも、わざとらしくなく、見る側が自然にこの役柄を受け入れて応援したくなる。
ほんと

このドラマは、男子で一番ごひいきの瑛太も出てますが、樹里ちゃんの熱演にちょっとおされ気味。
でも、彼もいい演技してますよ。この人も、いわゆる演技派というタイプではないのだけど、いつも魅せる演技をしてくれます。
気が優しくて周囲に気を遣う、どちらかというと受け身の男子、というキャラクターは「篤姫」の小松帯刀と似ているんですが、両方じっくり見ると、微妙に演じ分けているのが分かる。

「ラスト・フレンズ」が楽しみで木曜が待ち遠しい。
そんな余裕の日々を送っております。いいのか、仕事しなくて。

おっとそろそろ保育園のお迎え行かなきゃ。

[追記]
CHANGE見ました。まぁまぁかな?
前半だれてましたが、選挙プランナーの阿部ちゃんが登場してから、面白くなってきた感じ。
深津ちゃんは期待どおり、野心家の政治秘書を好演してました。
しかし木村拓哉は受身のキャラクターが似合わない。今後がっつり政治ドラマになってくれるといいんだけど…

Excite エキサイト : 芸能ニュース
Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]

by keikoda2000 | 2008-05-12 16:39 | TVあれこれ  

端午の節句に発見、DNAの神秘

c0098547_23472181.jpg
4連休は実家に帰って、のんびりしておりました。
天気予報は大はずれ、晴天に恵まれなかったので、なんだか家族全員だらだら、やる気なし。
遠出はせず、近場をぐるぐる回っただけに終わりました。

息子は5月5日で初節句。近くの市民公園で鯉のぼりを見て、ハイおしまい。
もうすぐ生後7ヶ月、おすわりができるようになり、寝返りも自由自在。下の歯も1本見えてきて、急成長しつつあります。
おじいちゃんおばあちゃんに天然木のハイチェアを買ってもらいましたが、それに座ると、目の前のテーブルにある皿などをつかむ!投げる!
自分で座ってくれるようになって楽ちんなんですが、うーん、ひとつ成長したらひとつ余計に手がかかるようになるもんなんだね。

しかし、連休中最大の山場は最終日。私が赤ん坊の頃のアルバムを開いた瞬間に訪れたのでした。
「なにこれ!息子そっくり!!」
生後半年ぐらいの私の写真は、現在の息子と見間違うほど。
まったくの顔面相似形です。怖い、怖い、そっくりすぎて。
ギャハハハと妹も大ウケ。「そうかしら?」と首をひねっていた母もアルバムを見た瞬間、「似てるわね…」と笑いが引っ込む。夫に写メールで送ってみたら、「やばいよ、これは…」と絶句。

なんだかそんな気がしてたんですよね。だから、わざわざ自分のアルバムを引っ張り出してみたのさ。
生まれたときはやせていた息子、細面で切れ長の目、あまり私に似ているところはなかったんですが、ブクブク肥大して、いまや見分けがつかないぐらいに。

よーく見ると、目と眉はあんまり似てないんですが、まぁ、笑ってやろうとゆう方はどうぞご覧ください。
…DNAってすごいねぇ。しかし、私に似ているなんて、息子の将来が心配だ。

c0098547_01069.jpg
[PR]

by keikoda2000 | 2008-05-07 00:02 | 0歳児との生活  

大変な忘れ物

c0098547_23471541.jpg

メーデーメーデー!
今日からフリーライターの仕事を本格再開しました。

打ち合わせがてら、昔いた会社に顔を出し、夕方帰宅。
マンションの玄関にたどりつくと、インターフォンのところに、紙切れがひとつ。
なんじゃこりゃ、と書かれている文字を見て納得。
身体測定優先券…これは失くしちゃやばいね!

しかし、なんだか初々しい落し物だなぁ。
近頃、お昼時に街に出れば周りはフレッシャーズばかり、夜コンビニとかに行けば、できあがったばっかりのようなベタベタカップルがそこここらに…。
春なんですねぇ、というより既に夏みたいな気候ではありますが。

息子は風邪の治りかけにつき、今日は保育園を休んで父ちゃんとお留守番。
夫は育児してくれるほうですが、ここまで長時間子供をひとりで見ることもなかったので…、
よろしくお願いね~と言いつつ、私は内心ほくそえんでいたのであります。

ふふふふ、この機会に、昼間乳児と家に籠もっていることがどんなにタイヘンか思い知るがよい!
やつは生後半年の利かん坊、あんまり昼間寝ないぞ! 抱っこしろとうるさいぞ! 退屈するとキーキー言うぞ! 眠くなるとグズグズ泣くぞ!

ところが、出かけて3時間後ぐらい、電話して様子を聞くと
「3時間ぐらいずっと寝ているよ」
なにィ、どうゆうこと? いつもなら家でも保育園でも1時間ぐらいしか昼寝しないのに。
7時間後、帰宅してみれば、
「一回起きたけど、また寝たよ。薬も嫌がらず飲んだし」
と夫は楽勝ムード。
まぁ、それでもそれなりに大変だったろうと思って
「どうだった? 子供の世話を一日中見ているのは?」
と聞いたら、あっさりととどめ。
「うーん、あんまりやることないから…退屈かな」
キー!くやしいィ~!ほぞをかむとはこのことです。

今日は暑かったからでしょうか、とってもよく寝た息子。
そんなラッキーは続かないぞ、夫。
負け惜しみだけど、それだけは言っておく。
[PR]

by keikoda2000 | 2008-05-01 23:47 | 0歳児との生活