<   2008年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

おすわり修業中

c0098547_22552998.jpg生後6ヶ月を過ぎたばかりの息子ですが、保育園に通いだしたせいか、成長してます!
まず、おすわりができるようになりました。まだ安定しないし、前に手をついてないと無理ですが、けっこう座ったままキープできる!すごい!

そして、以前は夜9~10時ごろまで寝付かず、宵っ張りだったのが、夜7時にはスーっと入眠してくれるように。
力尽きたように寝てくれるので、寝かしつけも必要ありません。これもすごい!
これは、昼間8時間保育園で過ごしているおかげかも。
朝早く起きるし、保育園ではテレビ等もなくずっと活動しているので、体力を消耗するんでしょうね。同じクラスのお友達もいるから、なんだか楽しくて、お昼寝もあまりせず遊んでいるみたいだし。
私にしてみたら、こんなに長い時間、夜に自由にさせてもらえるなんて、嘘みたいです。
テレビもゆっくり観られるし、ネットもできるし。
出産前の生活に戻ったみたいです。ありがたやありがたや~。

まぁ、早めに寝付いても、相変わらず3時間ごとに「ハラ減った~」とフニャフニャ泣くんですが、それも以前みたいに要求が強くないので、そのうち間隔が空いてくるかも。

同じ生後半年でも、夜中に起きず朝まで寝てくれる子の話をきくと、そりゃもううらやましかったし、
「まだ夜中起きている? ああ、そういうタイプの子は1歳ぐらいまで授乳3時間おきだよ」
と言われてショックを受けたりしてましたが、ちょっとだけ状況が改善してきました。

ということで、やりたいことが満載の私。
今日は夕飯も作らず、夫にお弁当を買ってこさせ、食べた後はたまった洗いものを夫がやってくれてます。
うーん、これも出産前みたい。ぜひこの調子でいきたいものです!
[PR]

by keikoda2000 | 2008-04-26 22:54 | 0歳児との生活  

これはターミネーター4なのか!?

今さらながら映画「ノーカントリー」を観ました。
今年の米アカデミー賞受賞作ですね。「暗い」「救いがない」という前評判を聞いていたので、ちょっと腰が引けていたのですが。
やっぱり、気分的には観ないほうが良かったです。でも、作品的には面白かった。

この役でオスカーを獲ったハビエル・バルデム。彼が演じる殺人者がもう怖いのなんの。
情け容赦なく、躊躇なく人を殺していく様はまるでターミネイター。
狙った標的は絶対に逃さない人間離れした殺人能力、どこまでも追っかけてくるよ、怖いよ~。
銃弾を受けても自分で外科手術して治せるんですか!車が激突しても死なないんすか!
そうか、この映画はターミネーター4だったのかも!

しかし、アクション映画として観られるかというと、やっぱりそんなことはなく、暴力に支配される現代を考えさせられるシリアスな内容なのでした。

アメリカにおける暴力の連鎖、銃社会の恐ろしさ、モラルを失った人間の危うさ、などなど描かれているテーマは、観終わった後時間が経つほど、心の中に響いてくる。
好きな映画ではないけど、優れた映画だなぁ、と鑑賞三日後の今、改めて思います。

あまり作品紹介でも強調されてないことなんですが、この映画のポイントは舞台が80年ごろだっていうことにあるんじゃないかな。
無謀にも殺人者に立ち向かうのはベトナム戦争の帰還兵、殺人者の真の恐ろしさに気づくのは古き良き保安官。
保安官は、人を殺してみたいから殺した、という最近の事件に時代の変化を感じとる。
この時代にアメリカ社会は決定的に道を誤った。
と原作者は考えていたのかもしれません。
ウィンドウズ95以前、携帯電話も普及していない。そんな時代に、もうわけ分からないことになっていたわけですね、アメリカは。

で、今日本はそんなアメリカに似た社会になってしまっているんだなぁ、と思うのが、日本の観客にとってまた恐ろしい付加ポイント。
「人を殺してみたいから殺しただと、わけがわからん」
と嘆く保安官の言葉に、最近のニュースを思い出さずにはいられないのでした。

さて、次は何見ようかな。
ちょっとお口直しに「ジュノ」あたりか。
旅行にも復帰して映画館にも通えるようになり、楽しい毎日です。

ノーカントリー | ウーマンエキサイトシネマ
[PR]

by keikoda2000 | 2008-04-25 00:37 | 映画あれこれ  

拍子抜けするほどスムーズな旅でした

c0098547_2284681.jpg
15日から4日間、沖縄に行ってまいりました
ビッグべビーとはいえ、まだ0歳6ヶ月の息子、保育園に行きだしてから風邪ぎみでセキをしているし、ちょっと不安もあったのです。(一応医者に旅行のOKもらってましたが)
ところが結論から言うと、問題ナシ!

行きの飛行機では、JALのクラスJで座席ゆったり。優先搭乗で、きれいなスチュワーデスさんに席まで案内してもらって、キャッキャッと声を出して大喜び。やっぱり男って、こんな小さいときからスッチーが好きなのね…あんまり無邪気に喜びを表現しているので、こちらも素直に感心。
「こいつは正直だなぁ」と夫も苦笑。
ということは、大人の男もスチュワーデスさんに優しくしてもらったら、心の中でキャッキャッと声をあげているわけですね。
空港までのリムジンバスで寝てしまったので、飛行機内ではどうなることかと思いきや、ご機嫌のうちに離陸前ご就寝。
その後、2時間半すぎて那覇に着く直前まで起きませんでした…。

おかしい。楽勝すぎる。赤ちゃん連れってもっとタイヘンじゃないの?
帰りの飛行機はこうは行くまい。覚悟しておかなければ。
と思っていたのですが、またもや離陸直後にスーと眠りに入ってくれました。
夫と私のひざに渡ってデーンと大の字ですよ、大の字。
そのまま着陸までピクリとも起きなかったですね。覚悟して損しました。

沖縄でのドライブ中も、ぐっすり2時間ずつぐらい寝てくれた息子。
ベビーカーでも良く寝るし、どうやら乗り物に乗ると眠くなる体質のようなのです。
これは…才能あるね!旅行する才能が。
それも子供主役の旅行よりも、大人のための旅行に向いている、ラッキー!

ということで、赤ん坊連れだからということで特に何かをあきらめることもなく、北部のやんばるへ強行ドライブ、水族館に丸一日居座り、海鮮がおいしい居酒屋にも通い、三線をちょこっと習いと、沖縄を堪能させてもらいました。
ホテルも良かったよ! 日航アリビラのリニューアルルーム。快適でした。

旅行中は退屈しないからか、息子もずっと機嫌が良く(ホテルで寝る前にはぐずってましたが、それは家と同じなので)、熱を出すこともなかったし、むしろセキも止まったみたい。
まぁ、もうすぐ10キロという頑丈な赤ん坊だから、できた旅かもしれませんね。
なにより「うりずん」という新緑のさわやかな時期だったのも良かったみたいです。
今度は、歩けるようになった息子と海で遊びに行きたいな。
もちろん、飛行機ではぐっすり眠ってくれよ。
[PR]

by keikoda2000 | 2008-04-20 22:41 | 0歳児との生活  

沖縄!

火曜日から沖縄に来ています。
0歳児連れて、初の飛行機旅行。6ヶ月になったことだし、大丈夫だよね~?
…全然大丈夫でした。飛行機でぐっすりの息子、ホテルでもニコニコ、ドライブでもご機嫌。
昨日は本島最北端のやんばる地方まで行き、ハードな行程なうえ夏日でしたが、体調も崩さずついてきてくれました。

大人もすっかり楽しんでしまってます。
やっぱり沖縄まで来ると、旅感が満載で、やー妊娠前のモルディブ以来ですよ、こんなの。

というわけで、金曜に戻ります!
[PR]

by keikoda2000 | 2008-04-17 21:49 | 0歳児との生活  

またしてもガンダム式

c0098547_2232586.jpg
今日は風雨が強かったですね。
保育園にお迎えに行くとき、あまりの雨に挫けそうになりましたが、なんとか家を出ました。

ベビーカーにはメーカー純正のレインカバーを常備してあります。
どうもそれが、ヤングな若者にうけるらしい。
装着して雨の中、ベビーカー押していると、必ず一回は
「あのベビーカー、いいよなぁ」
「俺もあの中に入りてえよ」
なんて声が聞えてきます。
デート中のアベック(死語シリーズ)だったり、踏み切り待ちの高校生だったり。
どうも男子ごろろをくすぐるらしいです。

どうしてだろう。ベビーカーをすっぽり覆ってバッチリ濡れない感があるからか。
はたまた、前面だけ透明になっていて、息子がそこから優雅に外を見ているからか。

あ、これもガンダムみたいだからかな。
まるでロボット操縦しているみたいに見えるからなのかもしれません。

最近、私は保育園のおかげで余裕が出てきたからか、テレビばかり見ています。
今は「アンフェア」の再放送に夢中! 瑛太好きとしてはたまらない。今日のラストで撃たれちゃったよ~。いや、先の展開は知っているんですけどね。
「SP」のアンコール特別編も面白かったなぁ…。
春の新ドラマはどうでしょうか。今週はスタート週ですね。
[PR]

by keikoda2000 | 2008-04-08 22:42 | 0歳児との生活  

入園慣らし保育寝返り

c0098547_21523625.jpg
保育園用に上下分かれた服を着ると、ガテンな兄ちゃん(というよりオッサンか?)に変身してしまう息子です

4月の第一週が無事に終わりました。
息子の保育園スタート週、今のところ何もトラブルなく、拍子抜けするほど順調に通えてます。
と言っても、火曜日から通いはじめで、1日目は1時間半、2日目も1時間半、3日目も1時間半、4日目の今日はやっとこさ5時間、という「慣らし保育」なので、ここでトラブルがあったら前途多難ですが。

今日は私、5時間フリーだったわけです。保育園へ送るのは夫の仕事だし、朝からまるごとフリー。
ふっふっふっ。前日から不気味なほど笑いが止まらない。何しようかな何しようかな。
出産以来初めて映画に行こうかな。デパートに買い物に行こうかな。それとも図書館にゆっくり入り浸ろうかな。
で、張り切りすぎた結果。お迎えの時間まで爆睡してしまいました…。
起きたらお昼の1時だよ~お迎えは2時だよ、あららら。
保育園に合わせて朝型生活になったので、その無理がたたったらしいです。
む、無念…。
保育園に預ける母は、仕事してなきゃいけないわけですが、入園当初は1ヶ月以内に仕事復帰すればいいので、みんな職場復帰を遅らせているみたいです。
「いつから仕事するんですか~」
と同じクラスのお母さんに聞けば、
「5月からなんですよ~」
と、嬉しさを隠せない笑顔で答えてくれました。
そうだよねー、出産からノンストップで育児してきたんだもんねー、ほんの1ヶ月でも楽させてくれい。
はぁ~ここまでよく赤ん坊一匹育てあげたもんだよね、私たちってエライ。
桜も咲いてて、陽気もよくて、ほんとに春の気分です。

いやー、でも保育園は頼りになりますね。
建物こそ古いものの、よく手入れされた清潔な部屋に広い園庭、献身的で明るいスタッフ、手作りの離乳食。
はっきり言って、うちの場合、自宅にいるより快適でしょう。
息子も嫌がったりすることなく、ニコニコと笑顔を振りまきながら、楽しく生活しているようです。
なんと言っても、赤ちゃん好きの保母さんたちが素晴らしい。
私の面倒も見てもらいたいぐらいです。
(うちの母と妹も「お姉ちゃんもついで保育してもらえばいいのに」なんて言ってました。他人に言われるとちょっとムカツクんだけど…)

息子は通いはじめて3日目に、初めて寝返りをマスターしました。
お迎えに行くと、保母さんが「寝返りできてましたよ」とあっさり。
周りの赤ちゃんがするのを見て、やり方が分かったのかな。それとも偶然かな。
でも、保育園に通うと、それまでできなかったことができるようになったりするらしいです。
この調子でいい刺激を受けて、早くお座りできるようになってほしいもんです。
9キロの巨体を支えるのは、けっこう大変なんだよ。
[PR]

by keikoda2000 | 2008-04-04 22:17 | 0歳児との生活