<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

なんとか母やってます

c0098547_19425651.jpg
出産から2週間が過ぎました。
産後の肥立ちという問題ですが、2週間過ぎて、ほぼ通常営業な感じになりました。
貧血も治ったし、2時間半ごと授乳というサイクルの中でも、なんとか細切れに寝られるようになったし。
家事は夫とヘルパーさんに任せちゃってますが、簡単なものならできます。
仕事だってできそうな勢い。いや、さすがに無理かな。

実は、外出も新生児を連れて、産後8日目からガンガンしちゃってます。
今日なんか、子連れ初ランチ! 
近くの土風炉に連れていっちゃいました。あそこは、席がブースで仕切られているので、泣かれても授乳しやすいとふんだんですが、心配無用でした。
その後、パルコで買い物までしたけど、息子はずーっと寝たままでした。
どうも、外出して抱っこヒモに揺られているほうが、眠りが深いらしい。

先輩ママにきくと、逆に新生児時代のほうが外出しやすい、とのこと。
歩けるようになって動き出したら、それをコントロールするのが大変なんだとか。なるほどね。
じゃ、今のうちにどんどん外出してしまおう。
1ヶ月健診終わったら、もっと行動範囲を広げるぜ! 年末には温泉なんか行きたいぜ!
…と野望はふくらむばかりです。

やっぱり私、家にこもっているのは向いてないんだなぁ。
子供はおっとりタイプで、授乳も問題なしで、周囲のサポートもばっちしで、と恵まれた育児環境なんだけど、これだけを何年もやれと言われたら、正直ダメだ!

楽しんで育児しながら、仕事もしていけたら、いいんだけどなぁ。
そんな贅沢を夢見るこの頃であります。
[PR]

by keikoda2000 | 2007-10-29 19:56 | 0歳児との生活  

退院しました

c0098547_9392029.jpg
うーん、最大限かわいく撮ってこのぐらいか。
うちの坊主です。うちの夫婦は「ブサイクちゃん」と呼んでいます。
でも、いいのだ。
結婚9年目にしてできた子供で、高齢で病気もちの私が産んだんです。
健康なだけでも、本当にありがたいこと。

おかげさまで、予定より早く、18日に退院しました。
私の出産した産院は「自然分娩&母乳育児」を徹底しているところで、
破水しても促進剤は使わず、自然な陣痛を待って36時間、分娩台に上がり6時間、産んだと思ったら、すぐ授乳、その後も24時間母子同室という、体育会系の合宿みたいなところでした。

別名「おっぱい合宿」ともいわれ、夜中も助産婦さんが2時間ごとに産婦を訪問、横抱き、縦抱き、フットボール抱き、と様々な授乳方法を伝授されました。
ハードだったけど、退院してからも、授乳にまごつくことがないというのは、かえって楽かもしれません。
最長でも連続2時間しか寝られないのは、つらいところですが…。

夫が有給を取っていたので、ほかの家事は一切まかせて、酪農生活を続けてますよ。
娯楽はほぼテレビだけ。
でも、昨日は授乳の合間に映画を1本見られました!
「X-メン ファイナルディシジョン」くだらなかった。だから、頭使わず楽だった。
あの最後って、殺すんじゃなくて、キュアを打つのではダメなの?
おんなじSFXものでも、スパイダーマンシリーズのほうが、ユーモアがあって好きだな。

そして、万里の長城で行なわれたファッションショーに現われた、中田英
いやー、笑わせてくれたよ。なに、その帽子かぶったスナフキンルック。
モンゴルで朝青龍の運命を狂わせた後は、中国を旅行中ですか。
彼のメディアへの露出の仕方を見ていると、職業・旅人ってアリなんだなー、と感心します。
私も子育て終わったら、そうゆうの目指そうかしらん。
[PR]

by keikoda2000 | 2007-10-21 09:58 | 妊娠経過  

夜景授乳

c0098547_11245526.jpg

昨日やっと気付いたのですが、産院の部屋からは六本木ヒルズ&ミッドタウンが見えます。夜から朝にかけては、オールナイトで授乳なので、それ見ながら頑張っております。
今までいろんな仕事をしてきましたが、乳牛業って初めて。この仕事は、体が資本です。って当たり前
[PR]

by keikoda2000 | 2007-10-16 11:24 | 妊娠経過  

産みました~

c0098547_13542849.jpg

今朝、男子2800グラムを無事に出産しました。え~と、自然分娩でしたが、陣痛のすごさったら、ありえないですね!
でも、もう過ぎたことなので、忘れますよ
子供は私に似た顔で、うーん亀田を破った、あのボクシング選手に似てる?
とりあえず母親生活のスタートであります。でも、今日はゆっくり寝かせて~
[PR]

by keikoda2000 | 2007-10-13 13:54 | 妊娠経過  

まだまだ…なので日米対抗フィギュア

えっと、今日は9日ですね。
早ければもう本番か、と思ってたんですが、さすが高齢出産?
おしるしは来たものの、その先はのんびり進んでいるようです。
よしよし、この調子で18日まで、もってくれよー。

大掃除もほぼ完了ですよー。
ダスキンのはハウスクリーニングにも来てもらって、お風呂もピッカピカ! トイレも新品みたい! そしてエアコンもカビ取りしてもらってスッキリ!

はー、ほんと誰かにほめてほしい気分。
去年、会社を辞めた時点では、部屋中にホコリがたまり、ベランダも整理できてない段ボールだらけ、本はうず高くあちこちに積まれ、押入れや台所の棚には不用品だらけ……よく、ここまで片付いたもんです。
さすがに家族が増えるとなると、私みたいなグータラでも一念発起するものね、と他人事のように思っているところです。

そして、気分転換に見た日米対抗フィギュアスケート
テレビ放送では、各選手の今年の新プログラムが初お披露目ということで、楽しみにしておりました。
感想をプログラム別に、まとめますと…

浅田真央
SS「バイオリンと管弦楽のためのファンタジア」
衣装の感じと曲が合っていて、いい感じでした。
最初のコンビネーションジャンプが1回しか入らなかったのは、3月の世界選手権と同じですね。
どうも、このパターンのミスをしがちらしい。だいじょーぶか?
でも、ジャンプ自体に安定感はあったし、何よりステップが魅力的になっていたので、全体的には、いいもん見せてもらった、満足でした。
去年のシーズン始め、安藤のステップを見たときに、お、変わった!と思ったものですが、おんなじように、今季の真央にもそれを感じました。

FS?「ショパン 別れの曲」
インタビューで「これは別れの曲っていうか、いや別れの曲というわけでないんですけど、別れっぽい曲なので…」と、また真央語録に入りそうなコメントをしていた真央ちゃん。
いや、これれっきとした「別れの曲」だから!
エキスビションで滑っていたんですが、FSの曲かどうかは分かりません。
シーズン入る前はSPに使っていたようですね。
でも、真央はスケーティング自体が美しいので、SSもFSもスローな曲で見せるというのもアリかも、とも思いました。


安藤美姫
FS「サムソンとデリラ」
この人も変わらないなぁ…。
世界選手権で優勝しても、いきなり次のシーズン開始で、派手に転ぶ→演技中断という不安定っぷり。
セクシーに踊るというテーマは、この曲だとうまくやれそうなので、次は中断なしに見せてほしいものです。

高橋大輔SS「白鳥の湖」
あはは。ヒップホップ調のダンス、最高!
高橋の演技って、いい意味で?安っぽいというか、ホストクラブのショータイムみたいな面白さがあると思うんだけど、これは完全にそっち系のいかがわしさ全開で、よかった。
どうせ、ラフマニノフとかやったって、クラシックな上品さという点で、足の長い白人に勝てるわけないんだから、この路線は大いにアリですな。

FS「ロミオとジュリエット」
うーん、こちらはそんなに面白くない。
昨季の「オペラ座の怪人」とほぼ同じような構成で、曲が変わっただけという印象。
でも、振り付けは昨季のほうが面白かったしね。
恋愛ものなら、そのへんをもっと表現した振り付けが必要ではないでしょーか。

そして、村主はねぇ…もちろん、すごい頑張っているなぁーと思うけど、正直見ていてキツイっす。
ジャンプがふらついているのもキツイし、エキスビションでセクシーな「シカゴ」の曲を踊ったりするのもキビシイ。
同じ女性として年齢で切りたくはないけどさ、やっぱり26歳というのは、競技でやっていくのは厳しいのではないのかな。

今回の日米対抗フィギュアで、やっぱり目立っていたのは、長洲未来ですね!
14歳…うーん、すごい。
滑り自体が真央並みにきれいだし、難しいスピンとかイナバウアーとか軽々とやってのけちゃうのには、目を見張りました。
次のバンクーバー五輪では有力候補になってくると思うけど、日米両方の国籍をもつ彼女がどちらの代表としてエントリーするのは、面白いところですね。
日本の3枠は、真央、美姫で2枠ほぼ決定だしなー、アメリカで出たほうが楽だったりして。

リンク
Excite エキサイト : スポーツニュース
スポーツナビの記事
[PR]

by keikoda2000 | 2007-10-09 15:30 | フィギュアスケート  

まだ生まれてません

出産予定日まであと10日となりましたが、まだ生まれてません。
一応、3日におしるしというものは来て、早ければ新月の日、11日ぐらいかな、と思ってますが、うーん、夫の休みが18日からなので、なんとかそこまで持ってくれないもんかい。

おなかに「もうちょっと待ってね」と言い聞かせてますが、こればっかりはねぇ…。

9年間さぼっていた大掃除も、終了に近づきつつあります。
明日、ダスキンの掃除サービスが来て、お風呂やエアコンをきれいにしてくれれば、ほぼ完璧! ベビーベッドも搬入して、いやー、なんとか間に合いました。
大掃除ってやっぱり毎年やらなきゃいけませんね。反省しました。

捨てたものがハンパじゃない量で、
燃えるゴミの袋LLサイズ、30!
燃えないゴミの袋LLサイズ、20!
書籍や雑誌、500冊!
粗大ゴミ、2万円分!
…そんなところです。

どうせ、片付けられない女とは私のことさ。
でも、困ったことに、私だけではなく、夫にも本や書類をためこむ癖があり、今回お尻を叩いてだいぶ捨てさせましたが、残してあった本に、
「徳大寺有恒のクルマ運転術」
があったのには、脱力。
この本、残しておく価値あるか???
91年の出版だよ、古くなると使えなくなる実用書だよ、っていうか既にもう交通ルールとか変わっているんじゃ…。

ここで本人の弁を聞いてみましょう。
「だって、また日常的にクルマを運転するようになるかもしれないじゃない。あれ、基本の運転術だから、また、そのとき使えるよ」
…そうかなぁ。
わが家の家計だと、そうそう近いうちに車を購入するとも思えないけどね。

車よりベビーカーを買わなきゃいけないのでは? という予定日10日前の夜なのでした。
うーん、ちょっとおなか張ってきたなぁ。
[PR]

by keikoda2000 | 2007-10-07 22:00 | 妊娠経過