<   2007年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

疲れる南アルプス

c0098547_11343335.jpg
土日月と、小淵沢周辺に行ってきました。
東京の暑さに耐えかねて…というわけでもないけど、そりゃちょっとは涼しいんじゃないかなーとは期待していた。
んで、昼間はやっぱり暑いけれど、日陰に入れば楽だし、朝夕はもう秋かというほど涼しいし、やっぱり良かったです。
1泊だけしたホテルで、半年ぶりぐらいにプールにも入れて、水中ウォーキングなどしました。
ガラス張りのプールからは、青い空と緑が見えて、そりゃもう天国みたい。

あーあ、東京でも妊婦OKのプールがあればいいのに。
スポーツジムは妊婦NGだし、マタニティビクスはけっこうハードで自由に泳げないと聞くし、なんだか不便だ。
ゆっくりのんびり水中ウォーキングを毎日やれたら、かなり安産できる自信が高まるんだけどなー。
もう妊娠9ヶ月なので、さすがにおなかが張ることが多くなってきました。でも、プールや温泉につかっている間は、ふわーんと柔らか。
やっぱり水中って、妊婦と胎児に優しいんでないの?
ということで、水中出産を検討中です。
いろいろ病気を持っている身なので、希望しても医者のOK出るか微妙ですが、せっかく水中出産の設備がある産院を選んだんだし、ちょっとトライしてみたい。

今回は、お姑さんの別荘に、自分の両親を連れて行くという旅だったのですが、母と義母はほぼ同い年。最後に出産したのは33~35年ほど前。出産に対する知識は、その時点でストップしているよう。
ということで、そんなにしつこくはないのですが、けっこうチェックが入りました。

まず体重。妊娠9ヶ月で3キロ増なので、もっと太ったほうがいいんじゃないか、というご意見。
「私たちの頃は10キロまでOKだった」
「どうせ産後に元に戻るのに」
「どうして10キロ増えちゃいけないのー」
と聞かれ、あまり増えすぎると産道に肉がついて難産になりやすいから、と答えても、いまひとつ納得していない様子。
いや、普通の人なら10キロ増えてもいいんだけど、私は妊娠前が標準より5キロ以上重かったから、あんまり太らないほうがいいんだよー。
と言っても、不満げ。

そして、腹帯をしないこと。
「えーっ、腹帯してないの?」と驚く義母。
「しろって言ってるんですけどねぇ…」と母。
だって、医者も助産婦もしろなんて言わないし、だいたいこの暑さで、あんなコルセットみたいの巻いたら汗だくだくになっちゃうよー。
したほうが大きくなったおなかが安定する、と強くすすめられたこともあり、翌日ソフトなガードルタイプのをはいてみましたが、案の定、足を汗がタラタラ伝うほどの状況になってしまい、即効で脱ぎました。

そして、お腹が思ったより大きくないこと。
「おなか、思ったより大きくなってないねぇ…」と義母。
「あんた、標準の人よりおなか小さいわ!もっと、みんな前にどーん出ているもの」と母。
一緒に温泉に入るので、隠しようもありません。
要は、赤ちゃんがちゃんと育ってないんじゃないの?と心配らしい。
いやいや、この週数で標準ですよ。特に小さくはないですよ。
と言っても、納得していただけないよう。

私は、何を言われても聞かない子なので、まぁいいんだけど、出産に対する世代間ギャップは激しいなぁ、とつくづく実感。

ちょっと疲れた南アルプスの旅でした…。
[PR]

by keikoda2000 | 2007-08-28 12:03 | 妊娠経過  

世界のWEB窓から

c0098547_10561790.jpg

仕事が忙しい時期で、徒歩5分のところに勤めているくせに帰宅するのも夜遅く、ちょっとかわいそうな夫。
しかし、やっぱりのんき者というか、お馬鹿です。
出産予定日まで2ヶ月切ったというのに、部屋も片付けない、ベビー用品も見に行かない、名前も決められない…。
いやいや、グチを言いたいわけじゃないんだけど、彼が今夢中なこの作業を見ても、のんきだなぁ、と思わざるをえない。

そう、ヤツは今、世界中のWEBカメラの画像を集めるのに、ハマっているのです。
熱烈なGoogle信者である彼は、自分のトップページに世界のWEBカメラの画像を貼り付けられる、ということを最近発見。
それから、連日連夜、貴重な睡眠時間を削って、あちらこちらのサイトをめぐり、これぞというWEBカメラのアドレスを、Googleのトップページに貼り付けています。
「ねぇ、今度はどこがいい? 上海? ベルリン?」
「ああっ。このWEBカムはFLASHだから貼りつけれらないーー」
「パリのはダメだ! もう夜のはずなのに、昼から画像が変わってない」
と、そりゃもう大騒ぎさ。

世界の今を一覧表示できる、という点がたまんないらしいです。
ヤツにとっての萌えですね、萌え。
まぁ、確かに、面白いな、と私も思うけど、そこまで夢中にはならない。

ちなみに、夫と同じ萌えをお持ちの方に、やり方を伝授いたしますと…
1、まずiGoogleのIDを作って、ログインする
2、ガジェット(付加機能)から、WEBカメラの表示機能を選ぶ
3、好きなWEBカムの画像URLを貼り付ける
ということだそうです。

暑い中出かけれらずに退屈している方、忙しくて旅行に行けない方、ぜひお試しあれ。
[PR]

by keikoda2000 | 2007-08-20 11:10 | 主婦日記  

1万5000円の価値ありか

c0098547_20542510.jpg
正直言って、ちょっとグロい。
こんなのアップするなーって感じですよね。OKな人だけ、画像をクリックしてください。
ハラの中の子供の顔です。
本日4D超音波というものを撮ってきました。お値段、1万5000円ナリ!
3D超音波画像というものに、リアルタイムでの動きが加わって、4Dだそうです。

「夫と妻、どちら似か分かるって」
「目がひとえかふたえまで分かるってよー」
という噂を耳にしていたものの、事前にネットでサンプルを見ていたので、そこまでは期待してなかった。
で、まぁこんなもんか、という感じでした。
目がふたつ、鼻がひとつあることは分かった。
あくびしたり、口をモグモグさせているのは、ちょっとかわいかった。
でも、以上って感じかな。
どっちに似ているかまでは、やっぱり分からないなーと思って終了し、一緒に見ていた夫に感想を尋ねると…、

「思いっきり、だんごっ鼻じゃないか!」
え?それは日本人にしては無駄に鼻筋の通ったあなたとは違う、ってことですか。
鼻の頭がぺちゃっとした私似ってことですか。
渡された写真を見ると、たしかに鼻ぺちゃっぽい。
もしかして、私似の男子かよー。

…と、あんまり鮮明ではないのに、親だけが盛り上がれる3D写真であります。
しかし、DVD-RAMに録画してもらった動画のほう、そのままだと実家のDVDプレーヤーとかでは見づらいので、
DVDーRAM→HDレコーダー→DVD-R
なんつうダビング作業をしなければなりませんでした。
テレビに映る無気味な胎児の動画、それをダビングしている私…これって、なんかに似ている、っと思ったら、きっと来る~♪
「リング」じゃないかー。

松嶋菜々子かナオミ・ワッツになった気分です。
増殖しているよ、うちの子。
[PR]

by keikoda2000 | 2007-08-15 21:11 | 妊娠経過  

仕事!

仕事してますー。フリーなので土日も関係ない。
いや、会社員だったころも関係なかったけど…フリーだとむしろ土日が本番。うちは夫が土日休みじゃないんで、特に問題ないですが。

先月はえらくヒマだったのですが、8月はさすがにお盆進行で、通常の倍の仕事が舞い込んできました。
いえ、お仕事たくさんいただけて、ありがたいことです…。

どうせ、この猛暑の中、出かけていても疲れるだけですしね。妊婦だし。
家の中でPCに向かっているほうが、快適でしょう。

ダルビッシュとサエコのはたちできちゃった婚、高砂親方の総合警備保障みたいなシャツに、笑いをもらいつつ、原稿書いてます。

サエコは結婚狙いの妊娠とか叩かれてますが、なんぼなんでも妊娠6週目で発表したくなんかなかったと思うよ、女子として。
赤ちゃんの心音もまだ確認できてないというし、あと2ヶ月は危険な時期。
元気に育ってくれるといいねー。
[PR]

by keikoda2000 | 2007-08-12 11:48 | 主婦日記  

歌うアイスクリーム屋

毎日暑いですね。わが家は魅惑の東向きなので、午前中はリビング全体がもわーっ。
耐え切れず、近くのカフェにパソコンを持ち込んで、避難します。

火曜日は、そんな暑さの中、病院の健診に出かけていきました。
病院だからそんなにクーラーきかせてないし、待合室でも汗ダラダラ。
診察でスッパツ脱ぐときも「うっ、匂ったりしないかなー」とドキドキ。

健診の結果はOKで(体重1500g!でかくなったなぁ)、市からもらった超音波の割引券が使えたから、お会計もたったの120円。
いやー今日は楽勝だったね、と病院から渋谷駅に戻ってきたのですが、やっぱり暑いことは暑い。
そんなとき、駅の真上にアイスクリーム屋があったことを思い出し、あ、ドナテルロウがあったっけ、軽くアイスでも食べて行こうかな、とついつい寄り道してしまったのでした。

店の前に着いてみると、あれなんか雰囲気変わっている?
でも、アイスクリーム屋だというのは変わらないし、そんなに並んでないしいいや。
と気にせず、3組目ぐらいに並んでみました。店のお姉さんが「メニューどうぞ」とくれた紙を見ると…
「ド、ドナテルロウじゃない…」
まぁ、でも暑さでボーっとしていたこともあり、一番人気だというストロベリーなんたらを注文してみたのでした。
そしたら、アイス本体がなかなか出てこない! しかも、なんかアイスを作る人のまん前に来てくださいという指示が。
「はい、じゃあストロベリー~を作りますね」
作るって、つぐだけじゃん。早くしてよ。
待ち合わせを控えていたので、そこでなんだかイライラしてきました。
しかし、次の瞬間そのイライラも吹き飛ぶ事態が!
「ストロベリーとスイートなクリーム~♪ ホイップホイップホイップ」
おねえさんがクリームを混ぜながら、歌い出したじゃないですか!
(歌詞はうろおぼえです、全然ちがうかも)
おおおおお、なにさらすー、恥ずかしいじゃないか、勘弁してくれ。
しかし、つられて隣のおねえさんたちまで歌い出し、歌声喫茶状態。

…そういう店だったのですね。知らなかった私が馬鹿だったのですね。
あきらめてお会計しましたが、出てきたアイスクリームも馬鹿でかい。持ち歩ける大きさではなかったので(一番小さいサイズと言ったら、はいライクイットですね!と言われたのも謎)、そこでもそもそ食べました。ええ、待ち合わせにも遅刻しました…ごめんなさい。

いや、ちょっと面白かったよ。面白かったし、夏休みだからいいじゃん。
とは思うのですが、調べてみたらやっぱりアメリカ発。
日本でこの歌うアイスクリーム屋、繁盛するんでしょうか。
歌っているおねえさんたちも、やっぱりちょっと恥ずかしそうだったしさ。

コールドストン アイスクリーム
[PR]

by keikoda2000 | 2007-08-09 11:41 | 主婦日記  

母親学級へのギモン

今日は地元の母親学級です。
こんな暑い日の真昼間に、正直言って行く気しないー。
だけど、会社勤めしてないから時間に余裕があるし、これまで入院とかしていたから、なんの準備もできてないし、行ったほうがいいのかな行っておくか、というノリで通うことにしました。

だいたい今、母親学級に通っている人は12月出産予定ぐらい。
10月予定の私なんて遅すぎです。申し込みの受付の人も
「え?10月ですか? 10月予定のクラスのは既に終了しているんですけど…」
と何やら奥に引っ込んで、ごそごそ相談してました。
まったくお役所って融通きかない。

でも、先週参加した産院の母親学級では、9月予定という豪の者もいたよ。
育児エッセイなどを読んでも、臨月に初めて参加し、出産時のヒーヒーフーという呼吸法を習った翌日に本番となってラッキー、なんて人もいるし。
2ヶ月前なんて余裕だろー。

ところで、その産院の母親学級、妊婦とともにダンナさんが参加している人が数人いたのですが…うーん、ちょっとね、どうかと思った。
もちろん、そのダンナさんは出産・育児に今から熱心なわけで、会社を半休取って参加しましたなんて言っているし、普通に考えればうらやましいぐらい、いや、これからのダンナ業、かくあるべき? しかし、彼らは熱心さゆえに講師の助産婦さんに積極的に質問してくるわけです。

「ベビーベッドはやっぱりキャスター付きのほうが便利なんですか?」
「帝王切開だと、すぐ母乳をあげられないんですか?」
「母乳が出るのにいい食べ物ってあるんですか?」

彼らが質問するたび、ほかの妊婦たちは「すごいねー、私たちの誰より熱心だ」なんて感心してみせていたけど、きっとほとんどの人が、ちょっと疑問に思っていたと思う。

そーゆーのは個別の健診のときについてきて聞けばいいんでないの?

なにより、その場に男性がいることによって、ほかの妊婦が質問をしにくくなっている。
私も自分の最近の体調について聞いてみたいことがあったんだけど、他人のダンナが目の前で熱心にメモを取っているところで、おっぱいがどうの、おりものがどうの、って発言できねーよ!

もちろん、私の疑問も個別の健診のときに聞けばいいわけです。
でも、母親学級では、流れにそって助産婦さんが丁寧に説明してくれるので、それを聞きつつ、あ、そう言えば、と質問したいことも出てくる。
質問したくなるのは妊婦もダンナも同じだとしたら、ここは妊婦が優先されるべきじゃないのか?
妊婦が質問しづらい状態にすべきではないんじゃないか?
だって、これとは別にちゃんと両親学級があるわけだから…。

とか言いながら、そう思ってしまう自分にガッカリしたりもしたのでした。
あー、実は古い考え方の持ち主だったのね、私ってば。
自分の夫には育児に積極的に参加してほしい…というより、会社辞めてもいいから、ほとんど育ててくんないかなーとまで思っているくせに。
でも、男性の育児も、妊婦のデリケートな部分を尊重した上にやってほしいよね。
だって、男がどんなに理解しようと思ったって、身体が変化して大変だったり、本番で痛い思いして産むのは女なんだからさー。

…いかんいかん。
やっぱり封建的な九州で育ったからかな? 
火の国の女、なめたらいかんばい!(c加藤ローサ)
(私は熊本育ちじゃないですが…そんな気持ち)
[PR]

by keikoda2000 | 2007-08-06 10:08 | 妊娠経過  

水曜日の変

c0098547_2320958.jpg
最近、暑くなったこともあり、仕事が忙しいこともあり、朝ごはん作りを放棄しています。
歩いて100メートルほどのドトールまで行って、トーストなどを食べる毎日…うーん、これじゃいかん。

でも、本日もそういうことになり、じゃコンビニで週刊朝日でも買って、読みながらご飯かな、と思っていたら、ありません、週刊朝日、コンビニに。
だいたい今日は水曜日。週刊朝日は火曜日発売だったはず。
昨日もコンビニに行ったのに、置いてなかったのです。
そのときは毎週火曜日発売というのに確信がもてなかったし、あ、もしかしたら選挙の総力特集を組むので、今週だけ発売を1日ずらすのかな、なーんて推測し、たいして気にしていなかったのですが。

さすがに今日も置いてないのはおかしいよ。
念のため、もう一軒コンビニに行ってみたけれど、やっぱりない!
今思えば店員さんに聞いてみればよかったのかな。
まさか選挙の影響で売り切れ…?なんて思いつつ、諦めてしまったのでした。

ところが、お昼すぎ、駅の売店に行ってみたら…置いてあるじゃん。
うーん、これは店への搬入も遅れてしまったのか、どうしたどうした、と思ったけれど、表紙を見て爆笑。
もうコレしかない、って表紙だよね、完璧!!
ずっと安倍政権を叩いてきた週刊朝日、叩きすぎて首相に名誉毀損で訴えられそうになった週刊朝日、してやったりという気持ちでしょう。
演説中目を伏せた首相の顔に「安倍惨敗」の4文字。キンアカの強さが目にしみます。

週刊新潮や週刊文春はイラストが表紙なわけですが、こういうとき、やっぱり写真の表紙は強い。
だから、本当は通常どおり火曜日発売だったのに、売り切れていたのかもしれないなぁ。
と思って、編集後記を読むと、
「今回は選挙の特集のため、発売日を1日遅らせて総力を注ぎました。でも、やってしまいました。先週号で発売日の変更をお知らせしてなかったのです
という編集長のお言葉が!
おいおいおい、本当にやっちゃったね。そんなポカ、ありえないよ。
月に1度買うか買わないかの私が、あれだけ混乱したのだから、毎週買っている人はもっと戸惑ったはず。

これじゃあ、安倍さんを笑えないよ、と正直思っちゃう。
今日になってようやく赤城農相を更迭した首相とどっちがお粗末なんでしょう。
あれかな、安倍憎しのあまり、「選挙の号で~選挙の号で~溜飲を下げてやる」みたいな意気込みが強くて、そんなことも見えなくなっていたのかな。
とりあえず、完全に傍観者気分ですが、面白いので、もう少しこの攻防戦を見守りたいと思っておりまする。
[PR]

by keikoda2000 | 2007-08-01 23:46 |