<   2007年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

世界フィギュア観戦 その4 女子フリー!

ショートプログラム、浅田真央のジャンプミスに涙して落ち込んでしまったのですが、なんとか土曜日立ち直りました。
最近4キロ太ってしまった重ーい体を奮い立たせて、女子フリーを見に行って来ました。

真央はこのままでは終わらない。
そう願っていたし、冷静に判断しても、なんとか銅メダルまではいけるのではないか。
ショートが5位だから、優勝はちょっとありえない、とは判っていました。

しかし、先に滑ったキム・ヨナがまさかの2回転倒。
グランプリシリーズでも、体力不足からか、フリーの最後で転倒する彼女の姿を見たことがありました。でも、2回というのは・・・。
驚いたけど、腰以外にも故障を抱えてたんですね。
それでも自分のプログラムをやり通し、この子は本当にすごい精神力があるなと、感服。
彼女のフリー「あげひばり」は本当に美しいプログラムで、演技で魅せるという点では、真央よりも安藤よりも上だったと思う。

そして次は真央。
昨日よりは冷静に見られました。
けど、リンクに出てきたときの表情が昨日と同じようにこわばっていて、おいおい大丈夫か、と。
思ったのだけど、結果オーライでした。
キム・ヨナの得点が出るのに時間がかかって、真央はその間リンクで待っていたわけですが、私にはその長めの時間が、彼女の緊張を解いてくれたように見えました。

ショートで失敗した3回転ー3回転を決めてからは、明らかに力が抜けて、いい演技。
会場で見ていたので、あとはもう拍手、拍手するのみで、あまり細かいところを覚えていないのです。
でも、会場でFMラジオ解説をしていた伊藤みどりが言っていたように
「細かいところはもうどうでもいいんです」
不利な状況から立ち向かっていったことが大事なんだと、ほんとそのとおりですね。

一番嫌なパターンが、男子の織田信成のように、メダルをあきらめて、ちょっとでも上位に食い込もうと、守りに入った演技をすることだったので、その点、真央は立派だった。
高橋も言っていたように、心の強さが違う、と思いました。

でも、今シーズンは安藤美姫のものになりましたね。
ショートでトップと点差の少ない2位だったので、4回転を入れないだろうとは予想してました。
でも、フリーをほぼノーミスで滑りきるという、とてつもなく難しいチャレンジに成功したわけだから、彼女も守りに入ったわけではないと思うのです。
キス&クライで得点が出る前、コーチのニコライ・モロゾフが笑っているのを見て
「あ、真央は負けたな」
と思いました。
ニコライはそのへん、きちんと計算できる人ですからね。

正直、残念だったし、気分も盛り下がったけど、仕方ない。
昨シーズンより2回りは細くなった、安藤の身体を見ても、ここは素直に祝福してあげたいと思うのです。

はー。でもこの4日間、いい夢を見させてもらいました。
毎日、夕方から、千駄ヶ谷の東京体育館に通っていたので、ちょっと日課みたいな感覚になっちゃって、最終日はこれが最後なんだと、ものがなしかったです。
できるなら、一生通っていたかった。

チケットを入手できた幸運に、感謝します、ほんと。

Excite エキサイト : スポーツニュース
[PR]

by keikoda2000 | 2007-03-24 23:10 | フィギュアスケート  

世界フィギュア観戦 その3

「あーあ、日本じゅうがガッカリだよ」
隣のサラリーマンが呟きました。
中野友加里が滑っているときも「ドーナツ!ドーナツ!」なんてうるさい掛け声を出す、ちょっと頭悪そうなヤツでしたが、まぁ、その呟きは当たっていると思った。

恥ずかしいけど、ちょっと泣きました。
気力がなくなって最後の選手の演技を見ずに、会場を後にしました。

浅田真央が世界チャンピオンになるのを見に行ったのになぁ・・・。
直前の5分間練習でも、何度も3回転ー3回転を決めていたのに、どうしてあそこでミスをしてしまったのか。

ひとつ考えられるのは、1つ前の安藤美姫がいい演技をして、会場が盛り上がりすぎちゃったことですかね。
いくら、自分に集中すると行っても、あれだけの拍手、スタンディング・オベーションを見せ付けられて、動揺しないはずがない。
安藤→浅田
ではなく
浅田→安藤
の順番だったらなぁ、と思わずにはいられません。

いや、安藤は素晴らしかったですよ。
キム・ヨナのスケーティングと精神力にも、感服いたしましたよ。
でも、好きなタイプのスケーターじゃ、ないんだもん。

あまりに悲しくなって(やっぱりホルモンの影響かな)、明日、一緒に観戦する人たちにがっかりメールを送りつけました。
みなさん、慰めの返信をありがとう。

明日は、なんとか立ち直って、女子フリーを見に行きます。
いよいよ最終日ですね。

Excite エキサイト : スポーツニュース

Excite エキサイト : スポーツニュース
[PR]

by keikoda2000 | 2007-03-23 23:00 | フィギュアスケート  

世界フィギュア観戦 その2

さて、遅くなってしまいましたが、木曜日、男子フリーも見てきました。
結果はご存知のとおり、高橋大輔が銀メダルで、SPに比べたら、ずいぶんと幸せな気分で帰って来れましたよ。

しかし、会場で見ていても、ちょっと冷めちゃった。
泣きすぎだよ、大ちゃん!
男だろ、大ちゃん!!
たしかに頑張ったとは思うけど、彼のベストでなかったし、いくらなんでも泣きすぎだ。

一夜明けた今日は、号泣したことを恥じているっぽかったけど、
「めざましテレビ」でキャスターに
「日本代表の女子たちと、高橋さんの差はどこにあると思いますか」
と聞かれ、あっさり
「心の強さですね。女子はほんと、強いです。真央ちゃんとかもすごい(気が強い)ですよ」
と答えてました。
おいおい、自分のひ弱さを認めてどうする!

男子フリーで一番男らしかったのは、やっぱり銅メダル取ったステファン・ランピエールですね。
SPで転倒し、優勝、3連覇は絶望的な中、情熱的なフラメンコを、最後まで踊りとおし、最後は目にも止まらぬ高速スピン!
ほんとかっこよかったです。

SPのとき、背後にいたランピエールファンとおぼしき女性たちが
「もうー、ヒゲはだめよ、ヒゲは。まずヒゲをそらなきゃ」
なんて言ってましたが、フリーでは、その無精ひげを剃ってない上に、テカテカのオールバックヘアで登場したので、きっと彼女たちは卒倒したであろう。
しかし、その無骨なスタイルで踊ったフラメンコは最高だったのでした。

はー。
昨日のことを思い出すと、ちょっと幸せ。
今、女子SPの結果に打ちひしがれているもんですから・・・

Excite エキサイト : スポーツニュース
[PR]

by keikoda2000 | 2007-03-22 22:29 | フィギュアスケート  

世界フィギュア観戦 その1

c0098547_19363046.jpg
ラッキーにもフィギュアスケート世界選手権2007東京のチケットを入手いたしました。
今日から4日間、男子シングル・ショートプログラム、同フリー、女子シングル・ショートプログラム、同フリーと観戦してまいります。
わーい。
テレビでは世界水泳のシンクロも連日放送していて、好きな2大スポーツがシンクロ&フィギュア、という私にとっては、今週、まさにこの世の春!です。
元スポーツ雑誌の編集者である男の後輩からは
「シンクロとフィギュアが好きって、それ思いっきり、フツーの主婦ですよ」
と言われてしまいましたが。
ほっとけ。
いいじゃん、春なんだもの。
いや、春なはずなのでした。

しかし、今日の男子ショートプログラム。
ひと言で言うと、悲しかったなぁ。。。。
日本の選手が自分の力を出せてないのを、目の前で見ちゃって、なんだか悲しかったです。
春先なんで、ホルモンのバランスが崩れているせいかもしれないけど。
がっくし。
肩を落としつつ、東京体育館を後にしました。

結果見てから言うな、って感じですが、織田くんも高橋くんも、演技前からちょっとヤバそうな雰囲気あったもんね。
目線がちょっと泳いでいるというか、なんか伏し目がちというか。

彼らにとってはホーム試合だったのだけど、それが逆に緊張を呼んでしまったのか。
うーんうーん。
または最後の大きな大会、全日本選手権から3ヶ月空いてしまったので、調子が狂ってしまったのか。あ、でも織田くんは国体とか出てたよね。

結果は以下のようなものでした。

1 ブライアン・ジュベール フランス 83.64
2 ジェフリー・バトル カナダ 79.90
3 高橋大輔 日本 74.51
4 ジョニー・ウィアー 米国 74.26
5 エバン・ライザチェク 米国 73.49
14 織田 信成 日本 67.17

14位って、ちょっと立ち直れないよなぁ。
織田くんは、出番前に滑るときも、衣装の上にジャケット着たままだったりしたので、もしかして風邪ひいてたのかなぁ、とも思うのですが。

外国人選手では、けっこう好きな、カナダのバトル選手がいい演技をしたので、そのときだけは幸せな春満開気分でした。
すてきなプログラムでした。彼のベストが見られました。
彼のセカンド・コーチは、浅田真央と同じラファエル・アルトゥニアンなんですね。
彼もバトルのいい出来に大喜びしてました。

さて、ちょっと見るのが怖いですが、明日のフリーも行って参ります。
ブライアン・ジュペールが「マトリックス」をやるみたいなので、それがちょっと楽しみ。

Excite エキサイト : スポーツニュース

Excite エキサイト : スポーツニュース
[PR]

by keikoda2000 | 2007-03-21 22:27 | フィギュアスケート  

確定申告、は終わらなかった

今日は3月14日、ということでホワイトデーとかいう意識もなく、市役所に行ってきました。
そうです。会社を辞めて初めての確定申告。
「一番分かりやすい!確定申告」などと特集したマネー雑誌を購入したものの、
途中でギブギブギブ!
結局よく分からなくなってしまい、領収書や一切がっさいを携えて、納税課にヘルプミーしたのでした。

もちろん、そんなバカは私だけではなく、申告書受付の前には長机が置かれ、相談員さんが記入の面倒を見てくれるシステムになっておりました。
「申告書すら持ってないんですけど」
と開き直って、10歳は下の若い相談員(男子)に告げたら、相手も慣れたもので、
「はい、ここに0って書いてください」
とつきっきりで手取り足取り教えてくれました。
数字オンチだと、すぐに見抜かれたらしく、計算も全部やってくれました。
近頃の若者にしちゃ、できた人だね。

結果、思っていたより税金が戻ることが判明し(一応、10万円以上)、
わーい、楽だったしこりゃいいや、とご機嫌で家路に着いたわけですが、
今、寝る直前になって、気づいたよ。

社会保険料控除に、会社やめてからの健康保険料入れるの忘れた!!!
ためしに計算したら、5500円ほど、還付金が増えるみたい。
うーん、1000円ぐらいだったら、もういいやと思っていたのですが、、、、
5000円超えちゃうとなぁ。
明日、修正に行ったほうがいいよね。

ということで、明日も相談員のお兄さんに会えそうです。
彼とはもう二度と会うことはない、と思っていたのに・・・

ま、こんなことすら、慣れっこか。相手は。
[PR]

by keikoda2000 | 2007-03-14 23:27 | 主婦日記  

在宅仕事の欠点

c0098547_15404175.jpg

先週末から在宅仕事でバタバタしておりました。
今日は久しぶりに、近くのパルコに出かけ、おひとりさまランチ&カフェ!
いやー、気分が晴れました。
天気もいいしね。

やっぱり家にこもってばかりいるのって、精神衛生上よくありません。
一番良くない点は、うさぎとの関係が悪化することです。
当然ですが、ヤツも自宅にひきこもり。私も家にずっといて、しかも仕事でカリカリしているとなると・・・

ウサギ「檻から出せー」
私「出すと悪さするからイヤだー」
ウサギ「留守番ならしょうがないけど、あんた家の中にいるんだから出せやー」
私「家の中で仕事しているから、イヤなんじゃー」

という無言のやりとり(ウサギは鳴きません)が、日々繰り返されます。
トイレの外にオシッコしたと言っては怒り、ベッドの下のワンダーランドに逃げ込んだと言っては怒り、キツイ視線ばかり向けていると、ウサギのほうもこっちを見る目つきが険しくなってきます。
これはいかんね。

今日から比較的暇なので、ちょっとは優しくしてやろうと思います。
仲良くしようよ。
[PR]

by keikoda2000 | 2007-03-08 15:47 | 主婦日記