2008年 12月 15日 ( 1 )

 

真央VSユナはやっぱり面白い!

フィギュアスケートのグランプリファイナル、見ましたか?
真央ちゃん優勝!やったやった。
いやー、なんというか、意外でした。うれしい方向に。

今回はそれまでの前哨戦(NHK杯などのグランプリシリーズ)でも、ユナ・キム選手に得点で負けていたし、今回の会場は彼女のホーム・韓国だし、ユナ選手はここんとこGPファイナルで2連勝だし、こりゃ無理だと思っていのに。
ユナ選手はホームだからこそ、重圧からミスが出てしまったんでしょうね。あんなに精神力の強い人なのになぁ。
韓国の人が彼女にかける期待のすごさは、私たちが15年前、伊藤みどり選手にかけていた重圧と同じものだという気がします。
今まで金メダルを取ったことのないフィギュアスケートという競技で、初めて世界一になれる素材が出現した。
なんだか夢を見ているようで、うれしくて、その分期待しちゃうんですよね。
でも、そのプレッシャーこそが、最高の素材をつぶしかねない諸刃の剣なのかもしれない。

今回、ユナ選手にホームのプレッシャーがあったとしても、真央ちゃんはトリプルアクセルを2回決めて、攻めの姿勢を貫いたものね。堂々と金メダルをもらえる演技だったと思うのです。
2人の演技はトータルに見て甲乙つけがたいレベルだったと思うけど、ここは国際試合でトリプルアクセルを2回決めた真央を優勝させておこう、というジャッジ(審査員)の判断だったんでしょう。記念碑的に。

しかし、真央ちゃんは今回、3回転ー3回転が決まらなかったのが気になるところではあります。
テレビ中継の実況が「キム・ヨナ選手には浅田真央のトリプルアクセルのような爆発的なワザがない」なーんて言ってたけど、そんなことないよ。彼女の3回転ー3回転はどうよ。ほとんど失敗したことないし、回転数もパーフェクト。点数的にも無敵だよ。

ちなみに今回の採点を見ると、
ユナ・キムの3回転ー3回転    10.90
真央のトリプル・アクセル+2回転 10.30

カロリーナー・コストナーがミスしても表彰台に上がれるのは、彼女には3回転ー3回転があるからだし、男子の小塚くんがSPで1位になったのも、3回転ー3回転がきれいに決まったから。
中野友加里が世界トップ3にいつも入れないのも、彼女には3回転ー3回転がないから。
極端に言ってしまえばそうですよね。それぐらい3-3回転は大事な得点ポイントなのです。

つまり、真央ちゃんがユナ選手に勝ち続けるには、トリプルアクセルを2回決めるだけではなく、3ー3回転も確実に決めなければいけない。今回はユナ選手が2回ジャンプをミスしたけど、それでもほぼ同点だったわけだから。差をつけるにはそれしかない。
…改めて、おっそろしくハイレベルな戦いではあります。

こんな2人の競い合いをリアルタイムで見られてうれしいな、ほんとに。

ユナ・キム選手の演技を見ていると、彼女が敬愛するミッシェル・クワンを見ていたときのような、静かな感動がこみあげてきます。
自然と、この人が世界一だ、と思ってしまう。演技の魅力では、間違いなくそうですよね。
やっぱりユナ選手が姫川亜弓なのか、そして真央ちゃんは北島マヤなのか…。

でも、バンクーバー五輪では、真央ちゃんに金メダルを取ってほしい!
真央ちゃんこそ、夢に見た存在ですからね。15年前からフィギュアスケートを見続けている私にとっては。
うーん、でも五輪で、2人が2人ともパーフェクトな演技をしたら、史上初の2人同時金メダル、なんてのもいいかもしれない。

Excite エキサイト : スポーツニュース
[PR]

by keikoda2000 | 2008-12-15 16:34 | フィギュアスケート