2006年 12月 17日 ( 1 )

 

ああ、やっぱり

フィギュアスケート・グランプリファイナル。本日はフリーでしたね。

昨日は、テレ朝の放送まで情報をシャットアウトできたのですが、今日はさすがに無理!
うっかりヤフーのトップページを見てしまい、ニュース一覧で、
「真央連覇逃す」の文字を発見。
夕方、駅のホームで先頭車両の方へ歩いていたら、向こうからスポーツ新聞を広げながら来た人が。そこには
「真央、しりもち」
の大見出しが。
もうダメだ。と思って結果を先に見ました。

その後、放送を見たわけですが、うーん、やっぱり……やっぱりキム・ヨナの精神力はすごいね。
彼女もベストの出来じゃなかったと思うし、体調も悪かったという話だけど、自分に厳しいストイックな人なんだろうな、気力で持っていった感じがしました。
優勝は納得です。コメントで「勝てたのは、真央が失敗したから」と言っていたのも、プライドの高さが表われていて、かっこいい。

真央ちゃんは2位。
残念だけど、最初のジャンプで失敗すると後が崩れる、というパターンはアメリカ大会と同じ。
欠点が明らかになったので、後は修業あるのみ、でしょうね。
その点、コーチがラファエル・アルトゥニアンだということは、非常に心強いのでは。

安藤美姫と高橋大輔のコーチ、ニコライ・モロゾフも優秀な人だけど、やはり基本は振り付け師だから、選手のメンタル面を育てるのはまだ勉強中、という感じ。
その点、ラファエル・アルトゥニアンは真央が失敗しても、うろたえない。
一回の失敗で判断しないというか、何年という長いスパンで成長を考えている印象ですね。
勝手な想像なんですけど、教え子のミッシェル・クワンが休みに入り、さぁどうしようかと思っていたところに、自分の手元にこんなに才能のある少女がやってきて、うれしくてたまらないんじゃないでしょうか。育てる喜び、やりがいを感じているというか。
「常にアグレッシブに。我々は立ち止まらない。真央は息の長いスケーターになるんだよ」
という彼のコメントには、任せて大丈夫、という安心感があります。
がんばれ、真央ちゃん!

3月の世界選手権で、今日の失敗が活きることを祈っています。

Excite エキサイト : スポーツニュース
Excite エキサイト : スポーツニュース
Excite エキサイト : スポーツニュース
[PR]

by keikoda2000 | 2006-12-17 22:40 | フィギュアスケート