2006年 12月 16日 ( 2 )

 

つまらぬものを見てしまった

ニコライ、胸毛見えてるよ!
シャツのあわせからのぞく金のネックレスと黒のもじゃもじゃ。アワアワアワ…。
ニコライ・モロゾフもまさか、安藤美姫を追ったカメラが自分に接近して、そんなものをアップで見せていようとは気づいていなかったでしょう。
本日のフィギュアスケート・グランプリファイナルは、そこが最大の見どころでございました。
あとね、発見。ニコライは競技会に着ていく服、3パターンしかもってないね。
本日のような、黒コーデュロイジャケ+ストライプシャツ+ジーンズ。
黒ベロアジャケット+黒タートルセーター+黒ベロアパンツ
限りなく黒に近いダークグレーのスーツ+黒ネクタイ。
この3つ。さすがロシアの正統派。ちょいワルなオヤジには間違ってもなれません。
シャツはやっぱり危険だったね。胸毛見えてたもの。ワイルドな感じが似合ってないもの。
ここはタートルネックでしっかり隠しておいてほしいところです。

それはさておき、ショートプログラムは男子女子とも、順当な感じでしたね。
男子シングルは
1位 ブライアン・ジュペール
2位 高橋大輔
3位 アルバン・プレオペール(なぜ放送しない!テレ朝)
4位 織田信成

女子シングルは
1位 浅田真央
2位 安藤美姫
3位 キム・ヨナ
5位 村主章枝

ニコライは男子2位、3位、女子2位をコーチしていることになり、こりゃあ故郷のロシア料理を食べる暇もないでしょうね(お国は旧ソ連のベラルーシですが)。
胸毛がどうのとか馬鹿なこと書いてしまったけど、やっぱり今もっとも旬なコーチではあるのです。

女子は、とにかく真央ちゃんが1位で、よかった、ホッとした。
まぁ、SPは真央のプログラム自体がすばらしいのでそんなに心配していませんでしたが。
問題は明日のフリーだな。真央の演技はまだ完成しているとは言えないし、安藤やキム・ヨナがいいプログラムなので、真央はトリプル・アクセルが決まらないと厳しいかもしれない。

安藤は本当によく頑張っているなぁ、と思うけど、チンクワンタ会長が言うように「まだ、自分を美しいと思っていない」。演技にぎこちなさがあるから、「技と技のつなぎ」項目で、真央に勝てないのだと思う。
全体の動きはスピーディーなんだけど、なんかお尻が重そうというか、下半身の動きがもっさりしているので、美しさを感じない。
重力がないみたいに軽々と滑っていく真央に比べてしまうと、どうしても。
でも、アメリカ大会みたいに真央がミスすれば勝てるかもしれないし、フリーの長い演技でも体力が落ちないのは強みだと思うわけです。
今季、最後に笑うのは安藤だったりするのかなぁ。

なんでこんなに真央が心配なのかというと、やっぱり伊藤みどりが銀メダルに終わったり、イリーナ・スルツカヤが銅メダルに終わったり、という歴史を見てきているからですね。
才能がある人が頂点に立てるとは限らない。
でも、真央のコーチは、ミッシェル・クワンを育てたラファエル・アルトゥニアン。そこは心強いなぁ。とも思うわけです。
彼の後頭部の元気のなさはちょっと気になるけどね。あ、もうこういうこと言うの、やめよう。

Excite エキサイト : スポーツニュース
[PR]

by keikoda2000 | 2006-12-16 22:54 | フィギュアスケート  

本日はGPファイナル

体調が悪く、3日ほど、自宅にこもりっきりです。
いいかげん退屈していたところなのですが、今日は大丈夫!
フィギュアスケートGPファイナルの放送があるもんね。
ハードディスクレコーダーの残量をあけて、準備万端、オーライです。
きっともう一日目の結果は出ているんでしょうね。こうやってネット繋ぎながらも、うっかり結果を目にしないよう必死です。
ヤフーのトップページとか行かないようにしなきゃ。
これから、ちょっと買い物に出かけるのですが、駅の売店とかでもスポーツ新聞を目にしないようにしなきゃな。

昨夜遅く、自宅にいるのに耐えかねて、コンビニに行ってしまったのですが、そこで女子フィギュアスケートの特集をしている雑誌「スポーツ・ヤァ!」を買いました。
自宅に持ち帰って読んでビックリ。これが最終号なんだってね。

しかも、最後のページに掲載された編集長の挨拶がすごい。
同誌が休刊するにあたってのいきさつを説明するのかと思いきや、その過程での「恨み骨髄」は胸にしまっておく、と書いてあるのです。
つっこませてもらうけど、いやいや、「恨み骨髄」って書いてある時点で、胸にしまってなんかいないから!

すごい言葉だよなぁ。
これまで数多くの雑誌休刊号を読んできましたが、こんな怖い挨拶文は初めてだよ。
よほど編集長は休刊が無念だったのだろう、休刊に至るまで会社の中で理不尽なことが起こったのだろう、と拝察しつつ、でも、やっぱりこれはないよな、と思うのです。
スポーツの現場でもそうじゃないですか。感情にかられて我を失った方が負ける世界じゃないですか。
こんなふうに内輪話をさらしてしまったら、やはりそこに同誌の限界があったのだ、と言われてもしょうがないじゃない。

あ、もう負けることは決まってるからいいや、ということなのかな。
それにしても、ここはきれいに終わって読者にイヤな思いをさせない、という「編集者の一分」を貫くべきだったのではないのか。

よく読んでいて、スタッフのがんばりを感じていた雑誌だけに、残念な終わり方でした。
最終号もフィギュアの特集、がんばってます。
浅田真央の技術点が、今季と昨季でどう変化したか比較してあって面白い。
この分析によると、GPファイナルは勝てるような気がしますが、どうでしょう。
19時を楽しみに待っている、そんな状態です。
c0098547_1638235.jpg
[PR]

by keikoda2000 | 2006-12-16 16:36 | フィギュアスケート