塩原アナ、いいかげんにしろ

フィギュアスケート全日本選手権、終わりましたね。
本当は録画できなかったはずなんですが、奇跡が起きました。
ハードディスクレコーダーの残量をチェックしないまま外出した私を、夫がナイスフォロー。ほかの録画番組を消して、なんとか成功しました。

おかげで高橋大輔のすんばらしいフリーを見ることができましたよ。
11月のグランプリシリーズ・カナダ大会から、なかなか完璧には演じられなかった「オペラ座の怪人」。
フリーになると、いつも「大丈夫かなぁ」と思いながら、緊張気味に見てました。
その完成形を見られて、うん、ほんと感動しました。
これは、単に不安定な選手が安定した演技をした、ということだけじゃなくて、やっぱり観客に「この完成形を見てみたい」と思わせるプログラムだった、ということなんじゃないでしょーか。

そして、コーチのニコライ、高橋が最後のスピンを終える前に、リングサイドからガッツポーズ!
ニコライもフリーの完成を待っていたんだよね、芸術点が軒並み8点台だったのにも喜んでいたし。
高橋とニコライはうまくいっているように見えるので、このコンビで世界のトップまで行ってほしいものです。
でもなー、GPファイナル勝者のブライアン・ジュペールはフリーで4回転を2、3回飛ぶし、トリノ五輪銀メダルのステファン・ランピエールだってケガが治ったら、そのぐらい飛ぶ。
高橋はものすごく成長したけど、でも、それでも頂点に届かないかもしれない。

やっぱりフィギュアスケートはジャンプのすごさで勝敗が決まる、ということですね。
その意味で、女子フリーはトリプルアクセルを決めた浅田真央が優勝したのは納得でしょう。
なんて冷静に考えている場合じゃない。演技後の涙には、私もウルっと来ました。
彼女が今シーズン、思うように演技ができなくてどんなに悔しかったのか。
泣いたのは16歳だからじゃなくて、やっぱり天才だから、だと思うんです。
1位が決まって、アメリカ人の監督に「サンキュー・ソーマッチ」と、きちんと顔を見て言っていたのも、ああ、いい子だな、と思ったし、泣いた後はケロっと立ち直っていたのも、らしかった。

でも、やっぱり厳しい目で見ると、真央のフリーはまだ完成してないな、魅せるという点でまだまだだなぁとも思います。
本人のショートプログラムや、キム・ヨナのフリー、高橋のフリーに比べると、エンターテインメント性が弱いというか。振り付けをそのまま正確に踊っているだけ、という感じ。
トリプルアクセルに失敗しても勝てるような、魅力をつけてほしいなぁ。

ところで今回の中継はフジテレビ。
舞台裏を写すとかニコライを常にマークとかカメラはいいんですが、実況の塩原恒夫アナがはっきり言ってウザイ!
ポエマーとして有名なアナウンサーらしいのですが、

「ジャンプだけじゃない、あんなこともこんなこともできちゃう真央ちゃん」
なんて実況は、ロリコン的なニュアンスが感じられて本当にキモイし、
「涙で前が…」
なんて、真央も言われたくないよ。しかも、そこまで大げさに泣いてないし。事実じゃないじゃん。

安藤美姫がジャンプで転んで、肩を痛め、スピンが途中で止まってしまうというハプニングにも
「思わぬアクシデントが襲った安藤美姫の心の旅路」
「なにかこの4分間の演技の間にも凝縮のドラマが待っていました」
なんて、選手のアンラッキーな事故を、テレビの盛り上がりに利用しようとするミエミエの浅はかな言葉に、もはや怒りすら覚えたよ。
この人の女子に対するコメントに、なにか嫌らしい含みを感じるのは私だけなのかな。

「さゆりは今夜ゆかりになります、(間違いに気づき)あ、ゆかりは、さゆりに…」
なんて、もはやちゃんと言えてないし、
「リンクはすべて高橋の時間」
なんて、文章になってない。それを言うなら、リンクはすべて高橋のステージ、でしょ。

スポーツを勉強しているアナウンサーなんだろうけど、フィギュアっていうのは、選手が観客(視聴者)に演技を見せるものであって、実況の演技はいらないんだよ。
安藤が肩を痛めてもがんばった必死さも、真央が今回乗り越えた壁も、演技を見ていれば伝わることなのに、実況が先回りしてまとめてしまって、しかもそれが日本語としておかしかったりするので、視聴の邪魔になっている。

ポエマーになってない部分の実況はそんなに悪くないんですけどね。困ったものです。

こんなこと書いていたら、3月の世界選手権もフジテレビだということが判明!
ひえー、また塩原節の実況かよ。
パソコンのテレビ録画ソフトとかで、実況だけカットできる機能なんてできないかなぁ。

フィギュア番組にはおもしろ解説がいっぱい | Excite エキサイト

Excite エキサイト : スポーツニュース

Excite エキサイト : スポーツニュース
[PR]

by keikoda2000 | 2006-12-29 21:49 | フィギュアスケート  

<< あけまして3日 客席最前列に名古屋のオバハンが >>