のだめは「白目コメディ」

今日から3日間、夫が社員旅行に出かけて留守です。
きゃっほー。解放感。夕飯をお弁当で済ませても自由、ソファを独占して漫画を読みふけろうとも自由、お風呂に入りながら歯磨きしても自由、おなか丸出しでガーガー寝ようと…自由だ!

はっ。ここまで書いて気づいたのですが、12月1日って結婚記念日でした。
ええとー、たしか8回目かな。毎年のことながら、夫婦ともすっかり忘れておりました。4日になった今日気づくぐらいじゃな。
夫はたぶんまだ気づいてすらいないと思われます。

さて、「のだめカンタービレ」8回目。
最終回に向けて、千秋とのだめの関係も変わっていくシリアスめな回でしたね。
ほぼ原作どおりながら、うまくアレンジしているところもあって、よくできているなと思いました。
「あの女は変態だ」
と、のだめに幻想を抱いている黒木くんに、現実の姿を告げるのが、原作では千秋、ドラマでは真澄ちゃんになってました(小出くんの出番を作りたかったんだね)。

のだめがスーパーひとしくんのタイムサービスに走る場面は、原作どおりで笑えました。
でも、主婦的な感想として、うなぎが3枚で300円ってありえないよ!それも原作どおりなんだけど。

今回、ハリセンに宿題を与えられたのだめが、白目むいてましたね。
ついに、のだめまで!
千秋もお風呂でおぼれかけ、白目むいてました。白目のまま、口から泡ブクブクブク。玉木くん、あっぱれな演技だったなぁ。
たぶん玉木くんは体を思い通りに動かせる、器用な人なんですよね。のだめに「そんなにのだめのこと心配なら…」と言われて、頬をピクッとさせるところでも、本当に頬だけ動かしてるもの。
だから、白目もお手のものかもしれない。
千秋も何回か白目むいているし、峰(瑛太)、真澄(小出恵介)、清良(水川あさみ)も。
このドラマではやたらと登場人物が白目をむくのです。
冷静に考えると、いまどきのドラマでは珍しい。やはり漫画的表現ということ?

うちの夫婦も白目にトライしてみましたが、難しかった!というか、できなかった。
きっと撮影現場では
「じゃ、白目いきまーす」
「白目おねがいしまーす」
「テイク2。もう一度、白目!」
「もうちょっと白くできますかー」
「白目になってない。NG」
みたいなやり取りが交わされているのでは?
今後の期待として、新キャラ、黒木くんと菊池くんあたりに白目デビューしてもらいたいものです。あ、ミッチーでもいいや。

今日は「SMAP×SMAP」に、玉木宏&上野樹里が出演しているのもチラっと見ました。
SMAPのメンツが、玉木くんをあれこれからかい、いじっていたのですが…。
微妙な雰囲気だったなぁ。
だって、玉木くんは「のだめー」の成功で、連ドラの主役クラスにのしあがったわけだし、その意味でSMAPのライバルになったとも言える。
芸能界における立ち位置、ファン層がかぶるんですよね。
そのへんのお互い意識しているがための緊張感が、なんか笑えなかったです。
[PR]

by keikoda2000 | 2006-12-04 23:47 | TVあれこれ  

<< うさぎ馬鹿と鉄道馬鹿 みんなその瞬間を待っている >>