4回転は魔物 

明日のフリー、高橋は4回転を跳ぶんでしょうか?

決戦は木曜日(現地時間)、あと8時間ぐらいで、フィギュアスケート男子シングルのフリースケーティングが行われます。
いよいよだー。もう今夜から眠れないでいるよ。

この日のために、大型プラズマTVを買い(と言っても46型、10万円台)、TVのために電気のアンペア数を上げ、準備万端オーライ! なのですが、大画面で見ただけに昨日行われた男子SPの結果でジャンプの失敗が続いたことに、たいへん動揺…。
メダル争いから転落した、B・ジュベールはどうなっちゃうの? 地元の期待を一身に背負っていたP・チャンは? もともと波のあるT・ベルネルやJ・アボットはまぁしょうがないとしても。

3人とも今季は調子良くなかったとはいえ、能力はある選手なのに。
オリンピックの怖さをつくづく思い知らされましたよ。

4回転ジャンプの怖さもね。
ジュベールやベルネルは4回転ジャンパー。それはもうすごい努力のうえに4回転を跳んできたのに、3年間現役を退いていたプルシェンコが4回転ー3回転を易々と決めてしまった!
その現実が、彼らを心理的に焦らせたことは間違いない。たとえ意識してなくても。
ほんの少しの心の揺れがあっても、4回転は成功しなくなるもんだと思うんです。
だから、プルシェンコの滑走順が先だったことで、その時点で彼らの敗退は決定していたのかな、とも。

そして、プルシェンコ以外の4回転ジャンパーがいなくなった現在、3位の高橋は銀か銅狙いで、4回転を回避すればいい。
…と誰もが思うことだけど、おそらく跳ぶんでしょうね。

それはペアスケーティングのロシア代表、川口悠子を見ていてもわかったことで、
4回転の成功率が低くても、結果的に本番で失敗したとしても、
4回転するんだ!と前向きな気持ちで本番に臨むことってすごく大きな力になるんだと思う。

だから、私は君を止めないよ、大ちゃん。
強い気持ちを持ち続けて、本番で4回転を決めちゃってください!
…でも、失敗しても、動揺を引きずらないでね。そこだけは、よろしくお願い申し上げます

Excite エキサイト : スポーツニュース
[PR]

by keikoda2000 | 2010-02-19 02:06 | フィギュアスケート  

<< 真央のメダルは…何色? 松本人志の話芸を小沢一郎氏にも >>