やっと退院&NHK杯行ってきました

c0098547_22335174.jpg

本日、月曜日やっとグランデ君が退院しました。
今回の入院は、なんと10日間。ずっと泣き喚いていた最初の入院に比べ、落ち着いてきて、私たち親がいなくても、ベッドの中で過ごせるようになりました。
なんかもう、僕はこの先、病院で暮らしていくしかないんだ、と覚悟したような顔です。
いやいや、そんなことはないんだけどね。

グランデ君は病院からの帰り道も、久々のシャバを見て、きょとんとした表情。
家に帰り着いて、しばらくしてから、ようやく笑顔になって
「あっふー。じゃっぷー」
と声を出しながら、イタズラを再開しました。
よかったよかった、家はしっちゃかめっちゃかになったけど、元通りになってくれて、うれしいよ。

喘息なので、本当は自宅を大掃除してから、迎えてあげなきゃいけなかったのですが、病院の付き添いでそれどころじゃなかったし、仕事も現在、年末進行の真っ最中。
毎日締め切りがあるよ~ちょっと大変だよ。

しかも、そんな中、日曜はNHK杯フィギュアスケート大会の男子フリーとエキスビションを見に行ってしまいました。
今シーズンは、フィギュアの感想書けてないのですが、グランプリシリーズも全部TVで見てはいるので、とっても面白かったです。
しかも、席が良かった! S席の一番前。
織田くんのスピンも、J・ウィアーのステップ始めのポーズも、手が届くような距離で見られました。
しかーし!NHK杯ということは、テレビの撮影が入っているわけですね。
後で放送チェックしたら、ばっちり写っちゃってたけど、まぁ、知人たちは気づくまい。

エキスビションで見た、真央ちゃんのタンゴが最高でした。
くしくも、今回2位だった大注目の鈴木明子も、タンゴ。
赤黒の衣装が2人そろって、なんだか不思議。

今季は、なんか日本選手の“カブリ”が多いですよね。
真央と鈴木明子のタンゴは、まぁ、競技じゃないからいいとして…。
中野友加里と安藤美姫のFSの曲が、同じ「ジゼル」なのはいかがなものかと思いました。
衣装もばっちりかぶっちゃってるし。
織田くんのSPと真央のFSの曲が、ハチャトリアンの「仮面舞踏会」なのも、おいおい、という感じ。
しかし、よく考えてみると、真央のコーチはロシア人のタチアナ。織田くんのコーチも、タチアナの下にいたニコライ・モロゾフ。
ハチャトリアンはロシアの作曲家ですからね、そういうことですね。
タチアナもニコライも、NHK杯でかぶっていることに気づいて、あちゃーと苦々しく思ったかもしれない。
ロシア系コーチに囲まれた日本選手たち。いっそ、織田くんはコサックダンスでもやるがいいさ!似合いそうさ!

ちなみに、私はタチアナを、ロシアの月影先生と呼ぶことに決めました。
真央(マヤ)、あなたの周りに、まだ舞踏会が見えてこないわ!
なーんて、言ってそうです。

ふざけてごめんなさい。タチアナさん、真央ちゃんをよろしくお願いします。
なんとか次のシーズンまで、メンタルを鍛えて、金メダルを取らせてやってくれい!
[PR]

by keikoda2000 | 2008-12-01 22:33 | 1歳児との生活  

<< さらば、うさぎ! 小児科はツライ 入院再び >>